靴磨きで最低限しておくこと3つ【初心者向け】

靴磨きを始める方の中には

そこまでやる気がない

続けられるか不安

簡単に済ませたい

という方もいるでしょう。

そういった方であれば、最低限しておくと良いことがあります。

この記事では、靴磨きで最低限しておくことを解説しています

結論から述べると

1.ブラッシング

2.保管方法

3.観察

です。

それでは、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きで最低限しておくこと3つ
  • 【2】最後に


靴磨きで最低限しておくこと3つ

1.ブラッシング

1つ目は、ブラッシングです。

靴を履いた後に、30秒でいいので

ブラッシングするのがおすすめです。

1日履いた靴は、予想以上に埃を被っています。

また、靴の表面に埃が蓄積することは

革にとってよくありません。

長く履くためにもやっておくといいですね。

ただ、最初は慣れないと忘れがちになるので

玄関の目立つところにブラシを置いておくと

忘れずに済むと思います。

2.保管方法

2つ目は、保管方法です。

ポイントは3つあります。

靴紐を解く

乾燥させる

シューツリーを使う

1つずつ解説します。

・靴紐を解く

1つ目は、靴紐を解くことです。

靴紐は、足の位置を調節する役割を担っていますが

普段はキツキツなので、負荷を取り除いてあげましょう

また、靴を脱ぐ時は、必ず靴紐を解いてから脱ぐのがおすすめです。

靴に余計な力をかけることが無くなります。

・乾燥させる

2つ目は、乾燥させることです。

靴は予想以上に水分を吸っています。

そのままにしておくと、革にとってよくありません。

家の中で風通しのいい場所に置いておけばいいでしょう。

また、おすすめなのが、シュードライです。

中に入れるだけで湿気を吸ってくれます。

雨の日は非常に重宝するので、あると便利です。

・シューツリーを使う

3つ目は、シューツリーを使うことです。

靴の形崩れを防ぐもので、靴に挿入しておきます。

次に履くまでは、シューツリーを入れて保管するのがベストです。

プラスチック製のものよりも木製をおすすめします。

吸水効果もあり、靴のサイズに合わせて選べます。

加えて、以下にも気を付けるとなおいいです。

シューズボックスを換気する

なるべく箱に入れない

シューズラックを利用する

箱にしまいがちですが、湿気にやられてしまうので注意が必要です。

3.観察

3つ目は、観察です。

日頃から靴をみておけばOKです。

履いていればどこかに傷がついたり

シワになってしまうと思います。

これは、靴に足を保護する役割がある以上、

ある程度は仕方が無い部分もあります。

と言えど、靴が発する危険信号には気づく必要があるでしょう。


対策としては、帰宅して靴を脱ぐ際に

靴の埃を落とす習慣があるといいですね。

何気なく見るだけでも十分です。

観察しておきましょう。

また、以下の部分が酷くなってきた場合は要注意です。

・ヒールの摩耗

・アウトソールの滑り具合

・インソールの摩耗

・踵内張の摩耗


最後に

靴磨きで最低限しておくことについて解説しました。

参考になったでしょうか。

上記をするだけでもかなり変わります。

そして、興味が出たら本格的に磨いてみるといいですね。

靴磨きは他人を喜ばせる


自分の靴を磨いてもらえると、嬉しくなりますよね

ただ、お金を取らずにやってくれる人はかなり珍しいです。

理由は以下のとおり。

靴(足)は体の中で一番汚れる

自分のためではなく、他人のためは難しい

労力がかかる

足は地面に一番近く、体の中で汚い部分になります。

シャワーを浴びるときは、上から下へと汚れを落としますよね。

正直、あんまり触りたくないです。

さらに、他人のために労力をかけるなんて・・・

人によっては受け入れ難いことかもしれませんが、上記の理由のおかげで

靴磨きをすることで他人を喜ばせることができます

この記事では、靴磨きで他人を喜ばせられるかについて解説しています。

友達や家族はもちろん、気になる女性にすることで好感度がアップします。

では、みていきましょう。


目次


  • 【1】靴磨きで他人を喜ばせられるか
  • 【2】喜んでくれた例
  • 【3】最後に


靴磨きで他人を喜ばせられるか


上述のとおり、靴磨きすると他人を喜ばせることができます

理由は、以下のとおりです。

面倒なことをしてくれている

他人の身につけているものである

靴の見た目がかなり変わる

1つずつ解説していきます。

・面倒なことをしてくれている

1つ目は、“面倒なことをしてくれている”です。

面倒なことは、できればやりたくないですよね。

多くの人は、靴磨きを面倒だと感じている。

こちらは進んでそれをやってみる。

例えば、仕事で自分の専門外のことを、できる人にお願いする場合は

自然と感謝したくなります。

この場合、

面倒 = できないこと

になります。

自分の手に負えないことをやってもらえると

誰だって嬉しくなります

靴磨きは地味なスキルですが、いいところもあります。

他人の身につけているものである

2つ目は、“他人の身につけているものである”です。

自分の身につけているモノには、少なからず愛着があります。

それを、他人が大事に扱ってくれたら嬉しいです。

こんな経験はないでしょうか。

自分の貸したCDや本が、無残になって返ってきた・・・

かなり凹みますね。(相手が人としてどうなのかは別として)

貸した側にとっては、大事にすべきモノではないわけですね。

なので、他人が自分と同じ感覚でいてくれることは、かなり効果があります。

靴磨きすると、靴を丁寧に扱おうという気になるので、自然と身につきますよ。

・靴の見た目がかなり変わる

3つ目は、“靴の見た目がかなり変わる”です。

要は、before/afterの違いが大きいので

心を揺さぶることができるからです。

ほとんど手入れしたことのない靴だと、汚れが酷いです。

しかし、磨くことによって艶が出て、埃も全くない状態になります。

あんなに汚れていたのに・・・

という感じなので、これも効果があります。

さらに、

これで明日から気分良く出かけられる

と思うかもしれません。

靴磨きはいいことだらけです。


喜んでくれた例


喜んでくれた例をピックアップします。

長い付き合いの友達

とある女性

1つずつ紹介します。

長い付き合いの友達

1つ目は、“長い付き合いの友達”です。

長い付き合いの友達から、LINEで以下のような依頼がきました。

放置してた革のブーツなんとかならない?

写真を送ってもらうと

汚れは酷いし、擦り切れてるし、酷いあり様でした。

とはいえ、とりあえず磨くことに。

すぐに磨いてbefore/afterを送ると

艶がすげえ

と言っていました笑

どうやら、イベントで使いたかったらしく

無理なら買おうか迷っていたそうです。

かなり嬉しく思ってもらえ、私もやって良かったなーと思いました。


また、もう一人の友達は、私の家に革靴で来ていました。

『ちょっと磨いてもいい?』

と聞いたところ、

気になるから磨いてくれー

とのことだったので、その場で磨きました。

ほー、すげーな

という感想をもらいました。

こちらとしても喜んでもらえて嬉しいです。

とある女性

2つ目は、“とある女性”です。

その女性が、ドクターマーチンを履いていたので

磨いてあげるよ

と言って、磨きました。

すごい綺麗になった!

とご満悦のようで、そこからかなり親しくなったことを覚えています。

もし現在、意中の女性を狙っていて、靴を磨くチャンスがあれば

申し出てみてはどうでしょうか。

喜んでくれるでしょう。


最後に


靴磨きで他人を喜ばせられるかについて解説しました。

参考になったでしょうか。

ポイントは

面倒 + 他人 + 変化

です。

意識してみてください。

靴磨きでコバを手入れする方法【詳しく解説】

靴のコバは、車のバンパー的な役割を果たすので

傷つきやすい部分です。

コバの手入れをしようと思ってみたものの

必要な道具がわからない

タイミングがわからない

そもそもコバって?

と疑問が尽きないと思います。

この記事では、靴磨きでコバを手入れする方法を解説しています。

結論から述べると、コバインクを使用し、手順は簡単です。

では、やっていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きでコバを手入れする方法
  • 【2】コバを削った場合
  • 【3】最後に


靴磨きでコバを手入れする方法

まずコバとはどこかというと

下の写真の赤く囲った部分で

靴底の周囲の縁を指します。

少し色落ちしているのがわかると思います。

ここにコバインクを塗っていきます。

また、タイミングは

見栄えが悪いなと感じたときでOKです。

コバ


道具

今回使用したのは

コバインク
クロス

です。


方法

靴底周りの埃や汚れを落としたいので、

一通りの手入れ後にするのがベターです。

ソールやコバ部分も忘れずに手入れしておきましょう。


1.インクを塗る

写真は塗る前の靴です。

中央部の出っ張りがコバです。


インクを塗る際の注意点として、

インクブラシにインクが滴るほどついているので、瓶口で少し落とすか乾くのを待ちましょう。

一度塗ると程よいインク量になりました。

また、靴の革表面(アッパー)には塗らないように配慮しましょう。


2.乾くのを待つ

インクを塗り終えたら、乾くまで待ちましょう。

塗った量によりますが、5〜10分くらいで乾きます。


3.ワックスで磨く

最後に、ワックスでインクを塗った部分を磨きます。

磨き方はトゥ部分の鏡面磨きと同じです。

今回は一度だけ磨きました。

それが以下の写真です。

塗る前より鮮やかな黒色になりました。


コバを削った場合

続いてコバをヤスリで削り、インクを塗った場合について解説します。

結論から述べると、これは失敗しています

参考程度に見ていただければと思います。

下の写真は削る前のコバです。

では、早速やっていきましょう。

削る前


方法

まずは、紙ヤスリを準備します。

書籍には、150番手のものが用いられていました。

今回、たまたま120番手があったのでそれで代用しています。

100均で売られているので、低コストですね。

セットで売られているそうなので、他も試せそうです。

紙ヤスリ

荒れている箇所を削りました。

以下の写真をご覧ください。

削ったことにより素材の色が見えているような気がしますが

コバがボロボロになってしまいました

紙ヤスリが合っていなかった可能性もあります。

改善が必要みたいです。

皆さんは注意してくださいね。

削った後

続いて、コバインクで補色します。

ここでも、筆にインクが付き過ぎないよう気をつけてください。

アッパーに付くのを防ぐためです。

コバインク

塗った後が以下の写真です。

なんとかカバーできました。

ですが、平らになっていないので凸凹感が残ってしまいました。

次回の課題です。

塗った後

20分放置すると乾きました。

触ってインクが付かなければOKです。

最後に、削りカスが隙間に入っているので

ブラシで入念に払いましょう。

これにて完了です。

ブラッシング


結果

荒れていた部分を目立たなくすることはできました。

ですが、以下の課題があります。

平らになっていない

削れ過ぎている

次回の予定は以下のとおり。

150番手の紙やすりを用意する

平らになるまで削る


最後に

コバの手入れ方法を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

靴を一目見ただけではあまり目立ちませんが

汚れてきたり傷がつくと目立つのが底周りです。

ぜひ、定期的にチェックしてみてください!

また、今回失敗した部分は再度アップし直す予定です。


参考

著者:佐藤 我久 「靴磨きスタートブック」

時短でする靴磨き【初心者向け】

時間が取れず、靴磨きができない場合もあると思います。

特に、始めた頃は

やっぱり面倒だなー

時間ができたらでいいかなー

そういえば忘れてた

となって、結局やらなくなってしまいます。

せっかくやる気が出てきたのに、かなり勿体無いです。

自分の日課として溶け込むのが理想ですね。

この記事では、初心者の方向けに時短でする靴磨きについて解説しています

結論から述べると、以下を意識するだけでOKです。

1.1分だけ

2.帰ったらすぐ

3.できれば履くたびに

それでは、みていきましょう。


目次

  • 【1】時短でする靴磨き
  • 【2】最後に


時短でする靴磨き

1.1分だけ

1つ目は、“1分だけ”です。

靴を履いた日は、靴磨きのために1分だけ時間を確保してください。

磨くといっても、することは単純です。

埃を落とすだけ

埃は、放っておくと靴の見た目を悪くするだけでなく、

カビの原因にもなるので履いた日に落としたいところです。

おそらく、1分で両足を終えられると思います。

最初こそ面倒に思いがちですが、続けてみてはどうでしょうか。

2.帰ったらすぐ

2つ目は、“帰ったらすぐに”です。

1を帰宅してすぐにできるのが理想です。

仕事で疲れているのは承知の上ですが

おそらく家に上がったら忘れます笑

靴を脱いだ後でするのが面倒であれば

履いたままでササっと埃を払ってしまいましょう

玄関の目立つところにブラシをぶら下げておくと便利です。

3.できれば履くたびに

3つ目は、“できれば履くたびに”です。

履くたびに1をしておきましょう。

こうすることで、綺麗な状態で長く履けます。

履いた日の天候や足元の環境によりますが

そこまで靴磨きせずともいい場合もあります。

時短で靴磨きすることは、結果的に時間の節約になると言えます。

私も履いたあとは必ず、ブラッシングを心掛けています。

正直、目に見えて汚れることはないので

1ヶ月に1回程度の靴磨きで十分です。

これくらいの気持ちなら続けられそうじゃありませんか。


だけどやっぱり続かない時は

なんだかんだで止めてしまう時もあるでしょう。

そういう時は、止めてしまいましょう

続けることが望ましいですが、難しいこともあります。

もしかしたら、磨いていたときはよかったなー

と思って、またモチベーションが湧いてくる可能性だってあります。

また、実は人からみられていて

『最近磨いてないのかな?』

と思われているかもしれません。

靴磨きには、派手さはありませんが人から見られると目立ちます。

磨いていて損はないです。

無理せずやっていきましょう。


最後に

時短でする靴磨きについて解説しました。

参考になったでしょうか。

短時間だからといって、意外と効果はあります。

ぜひ、試してみて欲しいと思います。

靴磨きをする意味

初心者の方やこれから始める方で

靴磨きをする意味について疑問を持ったのではないでしょうか。

そもそもする必要があるのか

どうしてするのか

やるべきなのか

といったことも考えると思います。

この記事では、靴磨きをする意味について解説しています。

早速、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きをする意味
  • 【2】靴を履き続けると
  • 【3】靴磨きの重要性
  • 【4】最後に


靴磨きをする意味

靴の革は、動物の皮を鞣すことでつくられています。

鞣すとは、元の皮から不用な体毛や脂肪を除去し、

様々な鞣し剤を用いて皮を腐敗・乾燥しにくくすることです。

普段聞き慣れない単語と思われます。

また、認知度の高い牛革をはじめ、馬や羊、ワニなど多くの種類の革が存在します。

どれも天然素材なだけに乾燥や摩耗するので、靴の手入れが必要なことがわかるでしょう。


靴を履き続けると

仮に全く手入れをしないとすると

革の内部から水分油分が抜けていきます。

その結果、乾燥ひび割れを起こしてしまいます。

さらに、靴の表面や内部に溜まる埃、付着した泥は

カビの格好の餌となります。

そのままシューズボックスへ放り込み、忘れた頃に出したら・・・

ぞっとしますね笑

上記から革は常に呼吸していると言えます。

埃や泥で覆われていては苦しいはずです。

ぜひ取り除いておきましょう。


靴磨きの重要性

このことから、靴を手入れの各工程は一つ一つが重要な意味を持っています。

まず埃を落とす。

その後、クリーナーで全体の汚れを落とす。

クリームで栄養(油分・水分)を補給する。

ワックスや撥水スプレーで防水性を高める。

それぞれの役割を知っておくとより靴磨きが楽しいと思えるのではないでしょうか。

また、楽しいと思えるだけでなく、作業の理由を知ることでもっとこうしたら良いかもしれないと、より靴への関心が高まります。


最後に

靴磨きの必要性について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

漠然と靴磨きをするより、靴磨きする理由を知ることで靴への理解も深まると思います。

また、長く履く靴であればなおさら深く知っておいて損はないです。

少しでも多くの人にそう思ってもらえるととても嬉しいです。