ボロボロの靴は靴磨きで長持ちします

一度も靴磨きしていない靴をお持ちの方が結構いると思います。

そろそろ磨いてみようかと考えたけれど

どこから手をつけていいかわからない

特別な道具が必要なのか

そもそも綺麗になるのか

と不安が尽きません。

この記事では、一度も靴磨きしていない靴を磨き、

今後も履ける靴にする方法を紹介しています。

結論から述べると、壊れていなければなんとかなります。

では、やっていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きでボロボロの靴を綺麗に!
  • 【2】酷すぎる状態なら専門店を使う
  • 【3】最後に


ボロボロの靴は靴磨きで長持ちします


特別な道具は必要なく、基本的な手入れをしていきます。

大きな流れは以下のとおりです。

1.埃を落とす

2.汚れを落とす

3.クリームを塗る

汚れが酷い場合は、念入りに1と2をします。

まずは1からです。

1.埃を落とす

写真は手入れする前の状態です。

全体的に潰れたような感じで、特に爪先の汚れと傷が目立ちますね。

靴紐を外し、ブラッシングします。

特に、爪先と革の継ぎ目は埃が付着しやすいので

重点的にやっておくといいです。

磨く前の靴
爪先の状態

2.汚れを落とす

表面の汚れをクリーナーで落としていきます。

かなり汚れているので、クリーナーを多めに塗布し

全体を綺麗にしていきます。

クリーナー

3.クリームを塗る

続いて、クリームを塗っていきます。

指で塗った後、ブラシで伸ばすと綺麗に仕上がります。

その後、クロスで余分なクリームを拭き取ります。

今回は、艶の出るクリームを使いました。

全然磨いていないと、革が乾燥してダサく見えるので

艶出しクリームを使うのがおすすめです。

クリーム


写真は手入れ後の状態です。

磨く前に比べて、いい靴になりました。

これで完了です。


酷すぎる状態なら専門店を使う


今回程度であれば、問題なく綺麗にすることができます。

しかし、構造が崩れていたり、色落ちなどは

素人レベルだと難しい時があります。

その場合は、専門店に持ち込むのがおすすめです。

例をあげると以下のとおり。

購入した店舗

駅近の靴修理店

百貨店の靴売り場

個人経営の靴磨き店

私も色落ちを元に戻せず、購入した店に持ち込んだ経験があります。

安く済むこともあるので、検討してもいいと思います。


今後も履ける靴にするには


できれば綺麗な靴を履き続けたいですよね。

とは言え、定期的な靴磨きをするのは厳しいという声もあります。

そこで、簡単に綺麗を保つ方法として

履いた後のブラッシングを提案します。

理由は、埃を払うだけで靴への負荷が減り、見た目も整うからです。

玄関の棚にそっとブラシを忍ばせておきましょう。

1分でできることなので、ぜひおすすめです!


最後に


ボロボロの靴を綺麗にしましたが、参考になったでしょうか。

汚くてもまだまだ履ける靴だったりします。

ぜひ、磨いてみてください。

靴磨きは練習で上手くなる【初心者向け】

靴磨きをこれから始めるもしくは初心者の方で

上手く磨けるかな?

と不安に感じる方が少なくないでしょう。

できれば失敗したくない気持ちはわかります。

失敗しても、再度トライできるならいいですが

失敗を理由に磨かなくなってしまうかもしれません。

あまりに不幸なことです。

なので、少し先の道が見えていたら

靴磨きを続けられるかなと思います。

この記事では、“靴磨きは練習することで上手くなる

ことについて解説しています。

ここでは、鏡面磨きを例にしています。

私も始めたばかりの頃は、苦戦していました。

今は、これから始める方の道標になればいいなと思っています。

結論から述べると、5〜10回くらい練習するとコツがわかります

では、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きは練習で上手くなる
  • 【2】どのくらい上手くなるか
  • 【3】最後に

  • 靴磨きは練習で上手くなる

    上述のとおり、靴磨きは練習で上手くなります

    特に、鏡面磨きは、初心者だと少し難しいですが

    5〜10回すると徐々に上手くなってきます。

    ここで、ポイントがあります。

    1回磨いて得られたことをまとめる

    上手くできなかったことをまとめる

    上記を改善しつつ、もう一度トライする

    いわゆるPDCAサイクルを回すと良いです。

    私はこれを取り入れて磨いていました。


    例をあげると

    —————————–
    今回得られたこと

    ・ワックスを均一に塗る必要がある

    ・強い力は要らず、撫でるくらいの感覚で磨く


    前者のコツは、円を描くように全体へ万遍なく塗る。

    力を入れずに磨くことで、表面が平らになっていく。
    —————————–

    —————————–
    次回に試すこと

    ワックスを塗り終わった後、水で磨

    ワックスは全体に薄く塗る

    力を入れずに磨く

    また、より光沢を出すため

    ワックスの塗布回数と量を調整する。
    —————————–

    みたいな感じです。

    実際に靴磨きをするときは

    書籍やネット、動画を参考にすると思います。

    ですが、真似てやっても上手くいかないことだってあります。

    自分の工程を見直して、少しずつ改善していけたら良いですね。


    どのくらい上手くなるか

    始めた頃の鏡面磨きの写真です。

    ワックスを塗り過ぎていて、見るからにベトベトです。

    この状態で磨いても、パッとしない鏡面が出来上がります。

    5回
    10回
    15回
    ポリッシュ


    では、10回くらい練習した結果はというと

    塗り重ねてもベトベトでなくなりました。

    さらに、磨くと2枚目の写真のように鏡面をつくり出せました。

    10回練習後のワックス
    10回練習後の鏡面磨き


    これを見て、『練習すれば上手くなるのかな

    と思っていただければ嬉しい限りです。

    諦めずにトライしてみてはいかがでしょうか。


    最後に

    靴磨きは練習で上手くなることについて解説しました。

    参考になったでしょうか。

    下手でもなんとかなります。

    まずは、始めてみませんか。

    爪に影響が?原因は靴にあった

    爪の病気

    足の爪は普段見ないことが多いと思います。

    しかし、靴(履物)を履く限り爪に影響が出る可能性があります。

    なかでも巻き爪

    爪がくるっと内側に向いたまま生えてしまう症状です。

    さらに、伸びた爪の端が皮膚を圧迫し、喰い込んでしまう症状を

    陥入爪と呼びます。

    また、巻き爪→陥入爪になってしまうケースも多く、

    日常生活に支障をきたすほどの痛みになる場合もあるそうです。



    なぜ起こるのか

    原因は、足に合わない靴にあると言えます。

    爪が丸まるためには

    左右からかかる力 > 左右へ広げようとする力

    になる必要があります。

    靴を履くことで爪に左右から力がかかります。

    そこで、足に合う靴を履き、足指を使うことができれば

    爪には下向きの力がかかるので、爪は丸まりにくくなります。

    一方で、足に合わない靴により足指を使えないと

    靴からの力が強くなり、結果的に爪が丸まっていきます。

    また、小さめの靴は陥入爪を引き起こしやすいです。

    上からの覆う力が強く、足指を使って歩けないため

    爪は徐々に皮膚に喰い込んでしまいます。



    自己治療は禁物

    痛みが出ている場合は、すぐに医療機関を訪ねた方がいいでしょう。

    ワイヤーを用いた治療法があり

    比較的痛みを伴わずに治療できます。

    しかし、この治療は健康保険適用外のため

    自費で治療する必要があるのでご注意ください。
    (書籍やWEBで調べたところ2019年8月現在も適用外)

    また、丸まった爪をなんとかしようと

    深爪気味にしたくなりますが、やめておきましょう。

    爪下の組織が盛り上がり、余計に爪が喰い込む原因となります。

    さらに、炎症や化膿を引き起こし、症状が悪化する可能性もあります。

    自己判断は禁物です。



    靴のサイズを知っておこう

    上述の通り、原因は靴にあります。

    特に、爪先が狭い靴を履くことで

    巻き爪・陥入爪になる可能性が高いです。

    この機会に靴のサイズを確認してみてはいかがでしょうか。

    以下の記事で靴の選び方を紹介していますので

    参考にしてみてください。



    最後に

    爪の病気とその原因について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

    進行すると自分では手に負えませんので、医療機関を訪ねましょう。

    悪化してからでは遅いです。

    また、予防のために足に合う靴を見つけておくと心強いです。

    健康保険が適用されると、なお安心ですが笑



    参考

    著者:塩之谷香 「足のトラブルは靴で治そう」

    著者:今倉章 「靴が人不健康にする」

    著者:飯野高広 「紳士靴を嗜む」

    ハイアーチは痛い?

    ハイアーチとは

    ハイアーチは、第一のアーチを支える筋肉や靭帯が縮み

    土踏まずが高過ぎる症状です。

    ハイアーチ障害とも呼ばれ、遺伝の場合が多いそうです。

    通常の足に比べ、接地する面積が小さくなるため

    足への負荷が大きくなるだけでなく

    や足の指のつけ根が痛む場合もあります。

    特に、踵は強い痛みを伴わなないものの

    長時間歩き続けると痛みが出てきます。

    足の裏は、骨と皮膚の間に厚い脂肪がついており

    脂肪組織は高い強度を持つ構造です。

    もし、歩いていて踵が痛むようであれば

    この構造が弱ってきていると考えた方が良さそうです。



    放っておいていいのか

    以前、私の右足はややハイアーチ気味であると

    オーダーシューズ作成時に言われました。

    確かに、両足の裏を付けて土踏まずの深さを観察すると

    右足の方がアーチが高いです。(左足のアーチが落ちている可能性もありますが)

    とはいえ、痛いという感覚はありません。

    ただ、左足と大きさが違うなと感じることはあります。

    靴に対して右足だけ小さいことが多いです。

    これは、アーチが上がっているせいで

    足長が縮んでいるのでしょう。

    逆に、靴がきついと感じる場合は

    足が扁平足気味になっているかもしれません。

    現状では問題ありませんが

    症状が進行して左右の足長差が広がってしまうと

    靴の購入時に面倒なことになりそうです。



    痛み出しがシグナル

    足のアーチは、ゆっくり時間をかけて崩れていきます。

    単純な老化もありますが

    足腰に不調を訴える高齢者が多いのはそのためです。

    ですが、アーチは堅牢なつくりを持っているので

    すぐに崩れたりはしません。

    そのため、痛みを感じた場合は

    すでにアーチが崩れている可能性があるので

    医療機関を訪れましょう。



    最後に

    ハイアーチ障害について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

    アーチの崩壊を予防するには2つの点に気をつけましょう。

    1つは、足を日頃から観察することです。

    足をみる習慣がある方は多くいらっしゃらないと思いますが

    異変に気づけるのは自分だけです。

    一日の最後にマッサージやストレッチしながら

    観察してみるのはどうでしょうか。

    もう1つは、歩くことだと思います。

    もしくは適度な運動です。

    足の筋肉を適度に使い、正常なアーチを保ちましょう。

    以下に歩くことのメリットについてまとめた記事があるので

    そちらも参考にしてみてください。



    参考

    著者:今井一彰 「足指のばし」

    著者:塩之谷香 「足のトラブルは靴で治そう」

    靴のワックスの落とし方【詳しく解説】

    靴磨きでワックスを使って鏡面磨きすると

    綺麗で非常に気持ちがいいですよね。

    しかし、ワックスが乗ったまま乾燥すると

    靴にダメージを与えてしまう恐れがあります。

    では、どうすればいいでしょうか。

    結論は、落とせばOKです。

    この記事では、ワックスを落とす方法について

    写真を交えて詳しく解説しています

    これからワックスを落としてみようという方は

    ぜひ参考にしてみてください。

    では、落としていきましょう。

    目次

    • 【1】靴のワックスの落とし方【詳しく解説】
    • 【2】落とす方法
    • 【3】使用上の注意
    • 【4】最後に


    靴のワックスの落とし方【詳しく解説】

    鏡面はいくつものワックスの層から成り立つため、硬くなっています。

    そのため、強い衝撃を受けると割れる恐れがあります。

    また、ワックスの主成分はろう、油脂で構成されているため

    長時間つけたままにすると革が呼吸できなくなります。

    フルメンテナンスのタイミングで落とすと

    靴にとって優しいです


    落とす方法

    早速落としていきましょう。

    下の写真は、鏡面磨きした状態の靴です。

    光沢があるのがわかります。

    鏡面磨きした靴


    今回、鏡面落としに使用したのは

    ブートブラックのハイシャインクリーナーです。

    値段は、約1,300円です。

    用意するのは、このクリーナーと布1枚です。

    ハイシャインクリーナー


    少量のクリームを布にとり、ワックスを付けた部分に塗ります。

    光沢が消えるまで、円を描くように塗っていきます。

    何層にもなっているので、ごっそりと落ちるはずです。

    補足として、布は写真のような履かなくなった靴下などでOKです。

    クリーナーをとる量


    取り除いた後の状態です。

    これだとわかりづらいので、逆足と比較してみます。

    クリーニング後


    左側が鏡面落としした靴です。

    右側と比べるとマットな感じになっていますよね。

    ワックスを落とせたと確認できました。

    Left: After, Right: Before


    最後に、もう一度ワックスをつけましたが、やらなくてもOKです。

    これで完了です。

    ワックスを使った鏡面磨きの方法を知りたい方は

    こちらの記事からどうぞ。


    使用上の注意

    便利なハイシャインクリーナーですが

    1つだけ注意があります。

    それは、ワックスを塗っている部分以外には使用しないということです。

    これで私は一回失敗しており、

    染色された靴の色をごっそり落としました・・・

    大丈夫だと思いますが、気をつけておいてください。


    最後に

    鏡面落としの方法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

    鏡面になるまで時間をかけたのに、落とすときはあっさり落ちてしまいました笑

    ただ、豪快に落ちていくので、爽快感があります。

    ぜひ試してみてください。


    参考

    著者:佐藤 我久 「靴磨きスタートブック」

    鏡面磨きのやり方はどの本にも載っています。

    ですが、上記の書籍には落とし方も載っており、非常に参考になりました。

    興味があればご覧ください。