サラリーマンの靴はどこで買う?

サラリーマンの方で、どこで靴を買えばいいのかと迷っていませんか。

また、

おすすめの場所はあるのか

ネット通販でもいいのか

ダメな場所はあるのか

と疑問があるでしょう。

この記事では、サラリーマンの靴を

どこで買ったらいいかについて解説しています

結論から述べると

靴専門店

大型デパート

がおすすめです。

もし、近くにない場合は

自分の足サイズを確かめ、ネット注文でOKです。

では、みていきましょう。


目次


  • 【1】サラリーマンの靴はどこで買う?
  • 【2】ネット通販でもOKです
  • 【3】ダメな場所はどこか
  • 【4】最後に


サラリーマンの靴はどこで買う?


上述のとおり、買う場所は

靴専門店

大型デパート

です。

上記2つに共通するメリットは、以下のとおりです。

ポイントは、スタッフの質にあります。

靴・足の知識が豊富である

試着時にサイズ感を確認してくれる

こちらの希望に合わせてくれる

例えば

プライベートでもビジネスでも履ける靴が欲しい

と言えば、靴の形状色を考慮して選んでくれます

加えて、普段履くサイズの±0.5~1.0の靴を試着させてくれ、

足に合うのが見つかるまでのサポートが付きます。

もし、サイズがない場合も取り寄せてくれるので

申し分ないサービスですね。

では、1つずつ詳細を解説します。

・靴専門店

1つ目は、“靴専門店”です。

いわゆる、シューズメーカーですね。

特徴は、以下のとおり。

メーカーの靴のみ売っている

都市部の駅に集中している

専門知識が豊富にある

靴専門店にいく場合、そのメーカーの靴を買うことになります。

また、スタッフは専門知識に長けているので

わからないことは気軽に聞いてみるのがおすすめです。

店舗は、都市部の駅周辺にあることが多く、

アクセスしやすいので便利。

日本の有名なメーカーで店舗を構えているのは

リーガルシューズ

三陽山長

SCOTCH GRAIN

大塚製靴

があります。

どれも質に関しては、世界トップレベルなので

十分履ける靴と言えます。

・大型デパート

2つ目は、“大型デパート”です。

特徴は、以下のとおり。

取り扱う靴の種類が豊富

スタッフの数が多い

主要都市にある

靴専門店と比べると、靴の種類が多いです。

先ほど述べた4つに加えて

Union Imperial

perfetto

海外メーカー

などがあります。

主要都市にあるのが大きなメリットで

靴専門店がない場所をカバーしています。

スタッフがフロアにたくさんいるので

自分に時間を割いて対応してくれるのもいいですね。

有名なデパートは

三越・伊勢丹

そごう

高島屋

松屋

阪急

あたりです。

とりあえず靴を買おうなら

大型デパートがおすすめです。


ネット通販でもOKです


近くに店舗もデパートもなければ、ネット通販に頼りましょう

ただ、抑えておきたいのが

足のサイズ

です。

すでに履いている靴が

大きいのか

小さいのか

ちょうどいいのか

ちょうど良ければ同じサイズでOKです。

もし、サイズが合っていないと感じるなら

踵から足先で一番長い部分までの長さを測ってください。

その長さから-1.0〜-1.5 cmが、革靴のサイズであることが多いです。

また、足のサイズはそれほど変化することはないので

この機会に一度知っておけば、サイズ違いで困ることはないです。

しっかり確かめておきましょう。


ダメな場所はどこか


買うべきではない場所は、いくつかあります。

以下、おすすめしない順です。

大型スーパーの靴売り場

ショッピングモールの靴売り場

靴量販店

理由は、上述のメリットを享受しづらいからです。

スーパーやショッピングモールの売り場には

そもそもスタッフさえいないとかあります。

やってくれるサービスは、サイズフィットくらいです。

どうせ買うならサービスの多い方が嬉しいですよね。

上記3つはおすすめしません。


関連記事

サラリーマンにおすすめの靴をステマなしで紹介する


最後に


サラリーマンの靴はどこで買うのかについて解説しました。

参考になったでしょうか。

繰り返しとなりますが

・靴専門店

・大型デパート

がおすすめです。

ぜひ、ご検討ください。

革靴の紐の通し方【詳しく解説】

靴磨きをする際は靴紐を外します。

いざ外したものの

通し方がわからない

おすすめの通し方は?

長さに種類はあるのか

と疑問点が出てくるかと思います。

この記事では、靴紐の通し方について

写真を交えて詳しく解説しています

靴紐の通し方で靴の印象はガラッと変わるので

できれば靴に合った通し方を知っておくと

より靴を履くのが楽しくなるでしょう。

今回は4種類の通し方についてと

長さで印象が変わることについて紹介します。

では、みていきましょう。

目次

  • 【1】革靴の紐の通し方
    • ・パラレル
    • ・シングル
    • ・オーバーラップ
    • ・アンダーラップ
  • 【2】靴紐の長さはいろいろ
  • 【3】靴に合うサイズを選ぼう
  • 【4】紳士靴は靴紐で映える
  • 【5】最後に


革靴の紐の通し方

まずは靴紐を外しましょう。

外しやすかったので、外羽根式を選んでいます。


1.パラレル

この結び方は左右から均等に力がかかるので

見栄えがすっきりし、緩みにくいです。

革靴なら合わないということはないでしょう。

迷ったらこの結び方にしてOKです。

早速結んでいきましょう。


まず、下の写真のように通します。


次に、上の写真の左側の紐を逆側の穴へ通します。

すると下のようになります。


今度は右側の紐を左側の穴へ通します。

裏の紐は規則的な『×』にならないことに注意です。


続けて残りの穴にも通します。


最後の穴に紐を下から通して完成です。

すっきりした印象になります。


2.シングル

シングルは、見た目はパラレルと同様に

靴紐が平行に見える結び方です。

靴紐同士の重なりが少ない分、厚みが出にくいので

非常に美しく見せられます。

ただ、欠点として、靴紐の長さを揃えにくいです。

では、早速通し方を見ていきましょう。


はじめに、写真のように最後の通し穴に紐を通します。

このため、上述の通り左右の紐を調整するのが難しいです。


左側の紐を右側の穴に通します。

以降は、この紐を順に穴へ通していきます。

そういう点では、パラレルに比べて簡単な通し方です。


続けて次の穴にも通します。


最後の穴まで通して完成です。

パラレルよりも厚みが出ていませんね。


3.オーバーラップ

スニーカーで定番の結び方の1つです。

後述のアンダーラップとの違いは

最初の紐を上から通す下から通すかです。

字の通りですね。

締めた時に安定感が出やすいのが特徴です。

まず、下の写真のように左右の穴に上から紐を通します。

以降は、この作業を繰り返します。


最後は下から紐を通して完成です。

革靴にこの方法で通すと、ややカジュアルな雰囲気が出ます。


4.アンダーラップ

オーバーラップに比べ、履く時に締め付けやすい結び方です。

密着しやすいので、鳩目(通し穴)の多いブーツに適しています。

まずは、左右に下から紐を通します。

以降も同様の通し方になります。


これで完成です。

個人的にはオーバーラップの方が綺麗にまとまるかなと思います。


靴紐の長さはいろいろ

靴紐の長さを気にしたことはあるでしょうか。

なんか長い、結び辛いと感じたことがあるかもしれません。

うっかり踏んでしまうなんてこともあり得ます。

靴紐は、長さがいくつかあり

紳士靴だと

・76 cm

・81 cm

・90 cm

です。

下の写真をご覧ください。

靴紐の結び方は全く同じですが

左の方が右より紐が短く見えないでしょうか。

目の錯覚ではなく、左は右より長さが5 cm短い紐を使用しています。

この靴だと、右の方がバランスがよく見えると思います。

靴紐がなんか合わない場合は、長さを調整してみると見栄えが変わります。

左:76 cm 右:81 cm


靴に合うサイズを選ぼう

ということで、靴全体のバランスを靴紐で調整していきます。

下の写真の靴、少し靴紐が長いですよね。

普段履いているうちの1足ですが

歩いていると靴紐が地面につくことがしばしばあります。

劣化が早まるだけでなく、雨の日は濡れてしまいます。

ただ、あまり気にしていなかったこともあり

放置してましたが、今回帰ることにしました。

また、自重でだらんとしているせいか、だらしなくも見えます。

同じようなら状態の靴をお持ちなら変えてみてもいいかもしれません。

before

変える前に一度外して、長さを測ってみました。

なんと85 cmでした。

実は、同型の靴を持っており、そちらは81 cmなので

なぜか4 cm長かったです。

今回は、地面につかないであろう少し短めの76 cmに決めました。

変更後をみていきましょう。

雰囲気が変わったと思いませんか。

靴紐だけでだいぶ変わりますね。

after


紳士靴は靴紐で映える

ここまで、靴紐を変えただけですが

靴全体のバランスがとれ、雰囲気が良くなりました。

たかが靴紐と思いきや、意外といい働きをしてくれます。

さらに、値段はさほど高くないのでコスパがいいですね。

ぜひ、靴紐に気を遣ってみてください。


最後に

靴紐の通し方について紹介しました。

気に入った方法はありましたか。

靴の種類や装いに合わせて使い分けるのが良いでしょう。

一方で、フィット感も大切です。

どれが一番合うのかを知っておくのもどうでしょうか。

また、交換するだけで雰囲気が良くなるという点では

基本の手入れをするよりお手軽かもしれません。

それをきっかけに靴磨きもするようになれば、なおいいですね。

靴磨きの方法 茶色の靴

靴の定番カラーは黒ですが、茶色をお持ちの方も多いです。

黒の次は茶も磨こうと思ったけれど

どうやって磨くのか

黒と同じでいいのか

特別な道具がいるのか

と不安があると思います。

この記事では、茶色の靴の磨き方を解説しています

写真を交えて詳しく解説しているので、参考になればと思います。

結論を述べると、黒の靴と同じ方法でOKです。

また、クリームを靴の色に合わせます。

では、やっていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きの方法 茶色の靴
  • 【2】茶系は色褪せが目立ち易い
  • 【3】最後に


靴磨きの方法 茶色の靴


1.靴紐を外す

まず、手入れする前に靴紐を外します。

下の写真の紐跡が付いているの部分をご覧ください。

ここは意外と埃が溜まるので、手入れの際は外しておきましょう。

また、今回の靴色はやや明るめのダークブラウンです。

茶系は色が多くあるので、靴色に合ったクリームを準備しておきましょう。

靴紐を外す

2.埃を落とす

馬毛ブラシで靴全体をブラッシングします。

靴紐の部分隙間なども念入りに落としましょう。

意外と溜まっています。

埃を落とす

3.汚れを落とす

次は、靴の汚れを落とします。

クリーナーを布に少量取り、靴に万遍なく塗布します。

先ほどの靴紐部分の汚れもしっかり落としましょう。

汚れを落とす


下の写真の通り、クリーナーだけでも綺麗になります。

また、この靴には爪先に穴飾りがあります。

もし、この部分にクリーナーが残ってしまった場合は

ブラシで取り除いておきましょう。

靴紐部分も落とす

4.栄養を補給する

クリームを使って栄養を与えます。

このクリームは基本的にアッパー(革表面)の色と同色を用います。

今回はDARK BROWNを使用しました。

また、ブラシで塗り込み場合は

他の色が混ざらないよう、ブラシを分けると良いです。

茶クリーム


クリーナー同様に、靴全体に塗り込んでいきます。

履きシワにはしっかり塗り込みましょう。

栄養を補給する

5.靴紐を通す

磨き終わった後の状態です。

今回はあまり汚れていませんでしたが

綺麗になりました。

最後に靴紐を通して完了です!

靴磨き完了


靴紐の通し方で見栄えが良くなるので

美しく見えるようにしておくとGOODです。

パラレルかシングルという結び方だとスッキリ見えます。(写真はパラレル)

靴紐を通す


鏡面磨き


鏡面磨きについても紹介しておきます。

使用する道具は以下のとおりです。

油性ワックス

ハンドラップ

クロス(布)

流れとしては

1.ワックスを塗る

2.水で磨く

3.1と2を繰り返す

です。

1.ワックスを塗る

まずは、ワックスを重ね塗りしていきます。

量は、サッと一撫でする程度

円を描くように塗ると満遍なく広がります。

ここでは、5層にしました。

また、力まずに塗るとなおGOODです。

ワックスの

2.水で磨く

続いて表面を平らにしていきます。

クロスに水を少量含ませ、ワックスの上から磨きます。

ワックスの塗り方と同じく、力を抜きましょう

力強く磨くと、ワックスが剥がれてしまいます

水で磨く

3.1と2を繰り返す

好みの輝きになるまで、1と2を繰り返します。

今回は、下の写真くらいの光具合で完了としました。

鏡面になりましたね!

1と2を繰り返す


茶系は色褪せが目立ち易い

茶系の靴は、黒に比べて色褪せが目立ちます

色褪せていて、傷だらけの茶系の靴は

なぜか良く目に入るのです。

なので、黒以上に定期的な手入れが必要です。

クリームやワックスは、補色も兼ねているので

色落ちが気になるならその部分を重点的に塗っておくといいですね。


最後に

茶系の靴磨きの方法を解説しました。

参考になったでしょうか。

茶系に限らず、黒以外の色は手入れを怠ると

残念な靴になってしまいます。

色褪せてるかな

と思ったらこの機会に磨いてみましょう。

靴磨きで最低限しておくこと3つ【初心者向け】

靴磨きを始める方の中には

そこまでやる気がない

続けられるか不安

簡単に済ませたい

という方もいるでしょう。

そういった方であれば、最低限しておくと良いことがあります。

この記事では、靴磨きで最低限しておくことを解説しています

結論から述べると

1.ブラッシング

2.保管方法

3.観察

です。

それでは、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きで最低限しておくこと3つ
  • 【2】最後に


靴磨きで最低限しておくこと3つ

1.ブラッシング

1つ目は、ブラッシングです。

靴を履いた後に、30秒でいいので

ブラッシングするのがおすすめです。

1日履いた靴は、予想以上に埃を被っています。

また、靴の表面に埃が蓄積することは

革にとってよくありません。

長く履くためにもやっておくといいですね。

ただ、最初は慣れないと忘れがちになるので

玄関の目立つところにブラシを置いておくと

忘れずに済むと思います。

2.保管方法

2つ目は、保管方法です。

ポイントは3つあります。

靴紐を解く

乾燥させる

シューツリーを使う

1つずつ解説します。

・靴紐を解く

1つ目は、靴紐を解くことです。

靴紐は、足の位置を調節する役割を担っていますが

普段はキツキツなので、負荷を取り除いてあげましょう

また、靴を脱ぐ時は、必ず靴紐を解いてから脱ぐのがおすすめです。

靴に余計な力をかけることが無くなります。

・乾燥させる

2つ目は、乾燥させることです。

靴は予想以上に水分を吸っています。

そのままにしておくと、革にとってよくありません。

家の中で風通しのいい場所に置いておけばいいでしょう。

また、おすすめなのが、シュードライです。

中に入れるだけで湿気を吸ってくれます。

雨の日は非常に重宝するので、あると便利です。

・シューツリーを使う

3つ目は、シューツリーを使うことです。

靴の形崩れを防ぐもので、靴に挿入しておきます。

次に履くまでは、シューツリーを入れて保管するのがベストです。

プラスチック製のものよりも木製をおすすめします。

吸水効果もあり、靴のサイズに合わせて選べます。

加えて、以下にも気を付けるとなおいいです。

シューズボックスを換気する

なるべく箱に入れない

シューズラックを利用する

箱にしまいがちですが、湿気にやられてしまうので注意が必要です。

3.観察

3つ目は、観察です。

日頃から靴をみておけばOKです。

履いていればどこかに傷がついたり

シワになってしまうと思います。

これは、靴に足を保護する役割がある以上、

ある程度は仕方が無い部分もあります。

と言えど、靴が発する危険信号には気づく必要があるでしょう。


対策としては、帰宅して靴を脱ぐ際に

靴の埃を落とす習慣があるといいですね。

何気なく見るだけでも十分です。

観察しておきましょう。

また、以下の部分が酷くなってきた場合は要注意です。

・ヒールの摩耗

・アウトソールの滑り具合

・インソールの摩耗

・踵内張の摩耗


最後に

靴磨きで最低限しておくことについて解説しました。

参考になったでしょうか。

上記をするだけでもかなり変わります。

そして、興味が出たら本格的に磨いてみるといいですね。

靴を履くと痛い?その原因と対策


靴を履くことは痛いこと?

以前、よく足を運ぶバーで知人がこんなことを言っていました。

その方は購入した靴が足に合っていなく、とにかく甲が痛かったので

店員に訪ねたそうです。

「甲が当たって痛いって店の人に言ったら

みなさん同じですって言われたよ笑」

そんなはずないだろ!

と思ったのですが、店員の発言から靴に対する意識が伺えます。

つまり、

靴を履く = 痛い

という認識があります。

また、みなさん(履いた人全て)とあなたの足が同じでしょうか。

人それぞれ足の形は異なります。

足に合う、合わないはもちろんあるでしょう。

それを伝えられないのは、ユーザにとって不利益です。



足に合った靴を知ろう

先日、3足目となるREGALの靴を購入したのですが

履き、歩き心地が抜群でした

歩いた時のなんとも言えぬ気持ち良さがあります。

靴は2日連続で履くべきではありませんが、履きたくなってしまいます。


今回の購入を通してわかったことがあります。

同メーカー、同サイズ、同製法であっても必ず足に合うわけではない

ということです。

私の所持する靴のサイズはすべて24.5 cmですが

同じサイズにも関わらず2足目はやや大きめです。

新品を履いた時はむしろ小さかったような記憶があります。

歩いた時の感覚をしっかり確かめずに選んでしまったようです。

このことから、靴は履いて確かめるべきでしょう。



原因は?

上述の通り、靴が痛い原因は

足に合わない靴を履いていることです。

では、足に合わない靴を履いてしまう原因はなんでしょうか。

これはいくつかあるでしょう。

1つに、これまで履いてきた靴と比べてどうか

ということです。

経験に従い、この履き心地ならOK/NGを判断する場合、

持っている知識が自分にとってベストであれば問題ありません。

しかし、少し痛いけれど履けるから大丈夫

と思っているのは危険です。

また、もう1つ挙げるのであれば

フィット感を他人任せにしていることです。

多くの方は靴屋のスタッフが靴選びのプロだと疑いません。

私も基本的にはそれに賛同します。

以前、セミオーダーした際、足のサイズを測定してもらった時には

私の足について様々な意見をいただきました。

やはり頼れる存在です。

しかし、靴選びをしてもらっているのに痛いということは

あなたの足に合っていない靴を選んでいるのです。

決して、そのスタッフが悪いと言いたいのではありません。

自分の足のことを知り、靴を選ぶべきだと思います。



対策は?

上記の原因に対しての対策は

自分の足を知ることでしょう

と言っても、足の長さが何mmで幅が・・・

みたいなことを知っておく必要はありません。

例えば、今履いている靴だと

・踵が少し痛い

・踝が当たる

・右足の方がきつく感じる

などの情報です。

また、足に合っている靴を履いているなら

それが購入の際の参考になりますね。

ポイントは

足に合わない靴を選ばないことです。

靴が良いからと言って、自分の足にも良いとは限りませんよね。

自分の足を知っておくと、足に合う靴が選びやすいです。



最後に

靴を履くと痛くなる原因と対策について紹介しました。

いかがでしたか。

足に合う靴がなく、今まで泣く泣く選んでいた方もいるかと思います。

その場合、思い切って購入しない選択をすることも必要になるでしょう。

すんなり見つからない場合もあると思います。

靴選びは少し根気が要りますね笑