靴磨きでコバを手入れする方法【詳しく解説】

靴のコバは、車のバンパー的な役割を果たすので

傷つきやすい部分です。

コバの手入れをしようと思ってみたものの

必要な道具がわからない

タイミングがわからない

そもそもコバって?

と疑問が尽きないと思います。

この記事では、靴磨きでコバを手入れする方法を解説しています。

結論から述べると、コバインクを使用し、手順は簡単です。

では、やっていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きでコバを手入れする方法
  • 【2】コバを削った場合
  • 【3】最後に


靴磨きでコバを手入れする方法

まずコバとはどこかというと

下の写真の赤く囲った部分で

靴底の周囲の縁を指します。

少し色落ちしているのがわかると思います。

ここにコバインクを塗っていきます。

また、タイミングは

見栄えが悪いなと感じたときでOKです。

コバ


道具

今回使用したのは

コバインク
クロス

です。


方法

靴底周りの埃や汚れを落としたいので、

一通りの手入れ後にするのがベターです。

ソールやコバ部分も忘れずに手入れしておきましょう。


1.インクを塗る

写真は塗る前の靴です。

中央部の出っ張りがコバです。


インクを塗る際の注意点として、

インクブラシにインクが滴るほどついているので、瓶口で少し落とすか乾くのを待ちましょう。

一度塗ると程よいインク量になりました。

また、靴の革表面(アッパー)には塗らないように配慮しましょう。


2.乾くのを待つ

インクを塗り終えたら、乾くまで待ちましょう。

塗った量によりますが、5〜10分くらいで乾きます。


3.ワックスで磨く

最後に、ワックスでインクを塗った部分を磨きます。

磨き方はトゥ部分の鏡面磨きと同じです。

今回は一度だけ磨きました。

それが以下の写真です。

塗る前より鮮やかな黒色になりました。


コバを削った場合

続いてコバをヤスリで削り、インクを塗った場合について解説します。

結論から述べると、これは失敗しています

参考程度に見ていただければと思います。

下の写真は削る前のコバです。

では、早速やっていきましょう。

削る前


方法

まずは、紙ヤスリを準備します。

書籍には、150番手のものが用いられていました。

今回、たまたま120番手があったのでそれで代用しています。

100均で売られているので、低コストですね。

セットで売られているそうなので、他も試せそうです。

紙ヤスリ

荒れている箇所を削りました。

以下の写真をご覧ください。

削ったことにより素材の色が見えているような気がしますが

コバがボロボロになってしまいました

紙ヤスリが合っていなかった可能性もあります。

改善が必要みたいです。

皆さんは注意してくださいね。

削った後

続いて、コバインクで補色します。

ここでも、筆にインクが付き過ぎないよう気をつけてください。

アッパーに付くのを防ぐためです。

コバインク

塗った後が以下の写真です。

なんとかカバーできました。

ですが、平らになっていないので凸凹感が残ってしまいました。

次回の課題です。

塗った後

20分放置すると乾きました。

触ってインクが付かなければOKです。

最後に、削りカスが隙間に入っているので

ブラシで入念に払いましょう。

これにて完了です。

ブラッシング


結果

荒れていた部分を目立たなくすることはできました。

ですが、以下の課題があります。

平らになっていない

削れ過ぎている

次回の予定は以下のとおり。

150番手の紙やすりを用意する

平らになるまで削る


最後に

コバの手入れ方法を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

靴を一目見ただけではあまり目立ちませんが

汚れてきたり傷がつくと目立つのが底周りです。

ぜひ、定期的にチェックしてみてください!

また、今回失敗した部分は再度アップし直す予定です。


参考

著者:佐藤 我久 「靴磨きスタートブック」

時短でする靴磨き【初心者向け】

時間が取れず、靴磨きができない場合もあると思います。

特に、始めた頃は

やっぱり面倒だなー

時間ができたらでいいかなー

そういえば忘れてた

となって、結局やらなくなってしまいます。

せっかくやる気が出てきたのに、かなり勿体無いです。

自分の日課として溶け込むのが理想ですね。

この記事では、初心者の方向けに時短でする靴磨きについて解説しています

結論から述べると、以下を意識するだけでOKです。

1.1分だけ

2.帰ったらすぐ

3.できれば履くたびに

それでは、みていきましょう。


目次

  • 【1】時短でする靴磨き
  • 【2】最後に


時短でする靴磨き

1.1分だけ

1つ目は、“1分だけ”です。

靴を履いた日は、靴磨きのために1分だけ時間を確保してください。

磨くといっても、することは単純です。

埃を落とすだけ

埃は、放っておくと靴の見た目を悪くするだけでなく、

カビの原因にもなるので履いた日に落としたいところです。

おそらく、1分で両足を終えられると思います。

最初こそ面倒に思いがちですが、続けてみてはどうでしょうか。

2.帰ったらすぐ

2つ目は、“帰ったらすぐに”です。

1を帰宅してすぐにできるのが理想です。

仕事で疲れているのは承知の上ですが

おそらく家に上がったら忘れます笑

靴を脱いだ後でするのが面倒であれば

履いたままでササっと埃を払ってしまいましょう

玄関の目立つところにブラシをぶら下げておくと便利です。

3.できれば履くたびに

3つ目は、“できれば履くたびに”です。

履くたびに1をしておきましょう。

こうすることで、綺麗な状態で長く履けます。

履いた日の天候や足元の環境によりますが

そこまで靴磨きせずともいい場合もあります。

時短で靴磨きすることは、結果的に時間の節約になると言えます。

私も履いたあとは必ず、ブラッシングを心掛けています。

正直、目に見えて汚れることはないので

1ヶ月に1回程度の靴磨きで十分です。

これくらいの気持ちなら続けられそうじゃありませんか。


だけどやっぱり続かない時は

なんだかんだで止めてしまう時もあるでしょう。

そういう時は、止めてしまいましょう

続けることが望ましいですが、難しいこともあります。

もしかしたら、磨いていたときはよかったなー

と思って、またモチベーションが湧いてくる可能性だってあります。

また、実は人からみられていて

『最近磨いてないのかな?』

と思われているかもしれません。

靴磨きには、派手さはありませんが人から見られると目立ちます。

磨いていて損はないです。

無理せずやっていきましょう。


最後に

時短でする靴磨きについて解説しました。

参考になったでしょうか。

短時間だからといって、意外と効果はあります。

ぜひ、試してみて欲しいと思います。

靴磨きをする意味

初心者の方やこれから始める方で

靴磨きをする意味について疑問を持ったのではないでしょうか。

そもそもする必要があるのか

どうしてするのか

やるべきなのか

といったことも考えると思います。

この記事では、靴磨きをする意味について解説しています。

早速、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きをする意味
  • 【2】靴を履き続けると
  • 【3】靴磨きの重要性
  • 【4】最後に


靴磨きをする意味

靴の革は、動物の皮を鞣すことでつくられています。

鞣すとは、元の皮から不用な体毛や脂肪を除去し、

様々な鞣し剤を用いて皮を腐敗・乾燥しにくくすることです。

普段聞き慣れない単語と思われます。

また、認知度の高い牛革をはじめ、馬や羊、ワニなど多くの種類の革が存在します。

どれも天然素材なだけに乾燥や摩耗するので、靴の手入れが必要なことがわかるでしょう。


靴を履き続けると

仮に全く手入れをしないとすると

革の内部から水分油分が抜けていきます。

その結果、乾燥ひび割れを起こしてしまいます。

さらに、靴の表面や内部に溜まる埃、付着した泥は

カビの格好の餌となります。

そのままシューズボックスへ放り込み、忘れた頃に出したら・・・

ぞっとしますね笑

上記から革は常に呼吸していると言えます。

埃や泥で覆われていては苦しいはずです。

ぜひ取り除いておきましょう。


靴磨きの重要性

このことから、靴を手入れの各工程は一つ一つが重要な意味を持っています。

まず埃を落とす。

その後、クリーナーで全体の汚れを落とす。

クリームで栄養(油分・水分)を補給する。

ワックスや撥水スプレーで防水性を高める。

それぞれの役割を知っておくとより靴磨きが楽しいと思えるのではないでしょうか。

また、楽しいと思えるだけでなく、作業の理由を知ることでもっとこうしたら良いかもしれないと、より靴への関心が高まります。


最後に

靴磨きの必要性について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

漠然と靴磨きをするより、靴磨きする理由を知ることで靴への理解も深まると思います。

また、長く履く靴であればなおさら深く知っておいて損はないです。

少しでも多くの人にそう思ってもらえるととても嬉しいです。

爪先と靴の形状の関係


爪先の形状

爪先の形状は大別すると3種類あります。

1.スクエア型

2.エジプト型

3.ギリシャ型

それぞれの特徴を説明していきます。


1.スクエア型

親指の前端が他の指とほぼ同位置の形を“スクエア型”と呼びます。


2.エジプト型

親指の前端を頂点とし小指に向かって斜めになっている形を“エジプト型”と呼びます。


3.ギリシャ型

人差し指の前端が親指よりも前に出る形を“ギリシャ型”と呼びます。


日本人の多くは、古くから草鞋を履いていたこともあり、親指が発達したエジプト型の足でした。

しかし、靴を履く文化が定着した近年は、若い世代のほとんどがギリシャ型の足に変化しています。

履物が足に影響を与えていることがわかります。



靴の形状

靴の形状は大別すると7種類あります。

1.ラウンドトゥ

2.オーバルトゥ

3.スクエアトゥ

4.セミスクエアトゥ

5.ポインテッドトゥ

6.オブリークトゥ

7.チゼルトゥ

それぞれの特徴を説明していきます。


1.ラウンドトゥ

丸みを帯びた形状です。

丸みが緩いほどカジュアル寄りになります。

ギリシャ型の足に適しています。


2.オーバルトゥ

アーモンドトゥやエッグトゥとも呼ばれます。

ラウンドトゥよりも楕円になった形状です。

ラウンドトゥ同様に、ギリシャ型の足に適しています。


3.スクエアトゥ

爪先が四角い形状になっています。

緩やかにカーブした形状の靴も存在します。

名の通り、スクエア型の足に適しています。


4.セミスクエアトゥ

スクエアトゥよりもやや丸みを帯びた形状です。

どの服装にも合わせやすいことから、幅広く履けます。

この形状は、スクエア型、ギリシャ型の足どちらも適しています。


5.ポインテッドトゥ

爪先が尖っている形状です。

先端の窮屈感を緩和させるため、捨て寸を多く取るロングノーズよ呼ばれる靴が主流です。

基本的にはギリシャ型の足に適しています。


6.オブリークトゥ

オブリークは、フランス語で斜めという意味で、親指から小指にかけて斜めになっている形状です。

エジプト型の足と相性がいいです。


7.チゼルトゥ

靴を横から見たときの先端の形状が、ノミ(chisel)の刃のようであることからそう呼ばれています。

この形状は、スクエア型、ギリシャ型の足どちらも適しています。



足に異常が出たら

爪先の形状と靴の形状が一致しない場合、爪先に負担がかかることがわかるかと思います。

この場合、親指以外の形状が素足の状態でもくの字型に変形してしまうハンマートゥという症状が出る可能性があります。

放っておくと、指の付け根や甲、足裏、踵に痛みを伴い、重症化すると激痛となります。

少し違和感を感じるなら靴と合っているか確認してみましょう。



最後に

爪先と靴の形状の関係について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

靴のデザインが気に入って選ぶのもいいですが、自分の足と適合するかを吟味するのも重要です。

結果的にもっと履きたい、歩くのが楽しいと思えるのが一番です。

靴の選び方

出典:https://pixabay.com/

相棒を選ぶという意味で、靴選びは重要です。

靴選びのポイントを簡単に紹介していきます。


自分の足はどんな感じ?

自分の足の特徴を知っているでしょうか。

いつもここが痛くなるとか

右足より左足の方が若干大きいとかです。

履くのは自分ですから、靴選びは店舗のスタッフにすべて任せず

自分の足について簡単に説明できるように準備できるとベターです。

その上で、スタッフの方に靴選びをサポートしてもらいましょう。

これでちょうど良い靴探しへの道が近くなりました。



靴のサイズ

実は各国によって靴のサイズの測り方が異なります。

日本では、足長 = 靴のサイズとなっています。

非常にわかりやすいですね。

足長は、爪先〜踵の線分の長さです。

26.0 cmの足長の方は、26.0 cmサイズの靴を選べばいいということです。

一方で、欧米諸国のサイズは靴をつくる際の木型のサイズを採用しています。

自分の足長と同様のサイズの靴を選んでも、フィットするとは限りません。



履く時の確認ポイント

履く時のポイントは以下の通りです。

1.爪先

2.甲周り

3.踵周り

4.土踏まず

1つずつ確認していきましょう。


1.爪先

爪先は、自然に伸ばした状態で靴の爪先にぶつかるか確認しましょう。

ぶつかる場合は別のサイズの靴を用意してもらいましょう。

足は歩行時にわずかに動くので、ギチギチだと足の指を痛める原因となります。

また、この隙間を“捨て寸”と呼ばれています。


2.甲周り

親指と小指の付け根で左右方向に一番出っ張っている部分です。

ここを“ポールガース”と呼びます。

この足と靴の位置が一致していない場合、正しい歩行動作ができなくなってしまいます。

靴を履いた状態で少し足を動かして、問題ないことを確認しましょう。


3.踵周り

靴のヒールカーブが踵全体に対して

踵よりも大き過ぎると、緩くなり

小さ過ぎるとキツキツになります。

履いた感覚で適度にフィットしているか確認しましょう。


4.土踏まず

土踏まずは個人差があり、同じ足長を持つ方でもここ次第で木型が変わってしまう可能性があります。

一般的には、履いた時に全体的に緩くもキツくもなく、靴全体でそっと支えられ、足に軽く触れているのがベストです。

違和感を感じる場合は、別のサイズを試着するか、その旨をスタッフに伝えてみましょう。



ミニアドバイス

靴を試着する時は夕方がベターです。

一般的に足は、重力によって水分や老廃物が足の方へと溜まります。

そのため、足がむくむので、足のサイズが大きくなる夕方に靴を購入するのがいいかもれません。

また、靴下の厚さによって靴のフィット感が変わります。

購入する靴がある程度決まっていれば、合わせる靴下を用意しておくと間違いがないでしょう。



最後に

靴の選び方について紹介しましたが、参考になったでしょうか。

自分の足の特徴を把握しておけば、自分に合う靴探しは難しくないです。

ぜひ、良い靴を見つけてください!