靴磨きの頻度【詳しく解説】

Shoes Polish

靴磨きの頻度で悩んでいませんか。

頻繁にやるんじゃない?

という先入観があったりしますよね。

一応、管理するので定期メンテナンスは必要ですが

頻度は多くありません

この記事では、初心者の方靴磨きを始めたばかりの方

靴磨きの頻度について解説します

ここでの、ポイントは3つあります。

100時間が目安

湿気の有無

靴への愛情

では、みていきましょう。

靴磨きの頻度

靴磨きの頻度


上述の通りですが、靴磨きの頻度

頻繁にやらなくて大丈夫です。

2〜3週間に1度する

のがおすすめ。

上記の頻度は私の経験則ですが

靴磨きの書籍においても

100時間ごとに1度とあるので

妥当なタイミングです。

2〜3週間だと、平日あたり8時間履いたとして

80〜120時間になりますね。

また、以下の場合にも磨くといいです。

靴を購入した直後

雨・雪の日

埃っぽい場所へ行った時

理由を1つずつ解説していきます。

・靴を購入した直後

1つ目は、“靴を購入した直後”です。

展示されている靴を買うと

倉庫から新品が出てくると思います。

ですがその靴は、革が乾燥しています

お店側で購入時に軽く磨いてくれますが

のちに自分でも磨くことをおすすめします。

・雨・雪の日

2つ目は、“雨・雪の日”です。

靴の革は、湿気(水分)に弱いです。

雨の日は、特に靴の中が湿るので

乾燥させるのがポイント。

放置すると後々面倒になるので

すぐに湿気を取り除くのが理想です。

・埃っぽい場所へ行った時

3つ目は、“埃っぽい場所へ行った時”です。

歩いているだけでも埃は付着します。

いつもより埃っぽい場所へ行った際は

手入れしておくのがいいですね。

埃を払うだけでOKです。

個人的には、レベル別に分けてもいいと思います。

一例ですが、下記のような感じ。

レベル3になったら磨くとかですね。

参考までにどうぞ。

レベル1:埃が少し付着している

レベル2:擦り跡があるまたは擦った覚えがある

レベル3:外から圧力がかかった

レベル4:水に濡れた

具体的な方法

靴磨きの頻度・タイミングを理解できたので

次は具体的に手入れしてみるのがおすすめです。

基本の手入れについては

靴磨きの方法【詳しく解説】で解説しているので

併せてご覧いただければと思います。

簡単な概要は

埃だらけになった → ブラッシング

かなり雨に濡れた → 乾燥

100時間履いた → 基本の手入れ

のような感じ。

個人的におすすめなのが、ブラッシングです。

帰宅後にサッとだけ済ませてしまうのでOK。

ブラッシングのやり方は、動画を載せておきます。

ブラッシングのやり方

頻度が低くてもOK

とはいえ、いきなり靴磨きしようと思っても

なかなか時間を取れなかったりしませんか。

ましてや、意識的に100時間カウントするとかしませんよね。

なので、最初はなんとなく靴が汚くなってきたな

って思った時に靴磨きするでOK。

ここで知っておいてもらいたいのが

磨いた前後で見違えるほど綺麗になるということです。

当たり前じゃないか、と思われますが

実際に経験してみると

もう少し定期的に磨こうかなと思えてきます。

自分のペースで磨いていきましょう。

自分に合った頻度で続けよう

記事初めのポイントで

靴への愛情”と述べました。

どういうことかいうと

磨いていて楽しくなったら、毎日やってもいいということです。

ブラッシングや靴底のケアなら毎日でもできます。

ただ、上述のとおり手入れは頻繁にやらなくてもOKですし

気が向いたらやるでも問題ありません。

できれば定期的に行うべきではありますが

まずは、自分にあった頻度でやっていくべきかなと思います。

最後に

目安はある?

靴磨きの頻度について解説しましたが、参考になったでしょうか。

ポイント3つを抑えてもらえればOKです。

自分なりのペースで磨いていきましょう。

関連記事

靴磨き まとめ【初心者向けに網羅してます】

靴磨きにかかる時間【初心者向け】

時短でする靴磨き【初心者向け】