靴磨きする場所【初心者向け】

靴磨きする場所というと

玄関”というイメージがあります。

ですが、靴磨き初心者の方で

玄関以外にもあるのか

おすすめの場所はあるのか

特に気しなくてもいいのか

と疑問が出てくるかと思います。

この記事では、靴磨きする場所について解説しています。

さらに、おすすめの場所での磨き方についても解説しています。

結論を述べると、部屋の中で立ってするのがおすすめです。

では、みていきましょう。


目次

  • 【1】靴磨きする場所
  • 【2】おすすめはスタンディング
  • 【3】最後に


靴磨きする場所

1.玄関

1つ目は、玄関です。

ここが一般的な靴磨きの場所だと思います。

玄関でするメリットは

シューズボックスが近くにある

靴磨き道具を置きやすい

埃や汚れを気にしなくてOK

です。

一方で、デメリットは

冬場は寒い

玄関が狭いとやりづらい

来客時に困る

です。

デメリットのみ深掘りします。

・冬場は寒い

デメリットの1つ目は、“冬場は寒い”です。

家の中でも玄関は、暖房が届きづらいもしくはない場所でしょう。

やろうと思ったけれど、寒くて断念しがちです。

暖かい格好をする必要がでてきます。

玄関が狭いとやりづらい

デメリットの2つ目は、“玄関が狭いとやりづらい”です。

靴磨きでは、意外と多くの道具を使ったりします。

また、靴が多ければそれだけスペースを確保する必要もありますよね。

収納があまりない場合は、デメリットとなります。

・来客時に困る

デメリットの3つ目は、“来客時に困る”です。

もし、磨いている最中に人が来ると困りますね。

中断せざるを得なかったり、玄関が汚く見えたりと

あまりいいことがありません。

誰も来ない時間を選ぶ必要があります。

2.部屋

2つ目は、“部屋”(リビングなど)です。

部屋でするメリットは

場所を広く使える

好みの環境で磨ける

一方で、デメリットは

準備する必要がある

埃を払いにくい

人によっては抵抗がある

デメリットのみ深掘りします。

・準備する必要がある

デメリットの1つ目は、“準備する必要がある”です。

リビングや自分の部屋に

靴や靴磨き道具を置いている人はそう多くないです。

そのため、磨く度に準備が必要になります。

移動させたりするのが手間でなければ

特に気にすることはありません。

・埃を払いにくい

デメリットの2つ目は、“埃を払いにくい”です。

部屋の中に埃をばら撒きたい人はいないでしょう。

ブラッシングする際は、新聞紙やゴミ箱を用意する必要があります。

ただ、ブラッシングのみ玄関でやってしまう方法はアリだと思います。

自分の好みに合わせてやっていきましょう。

・人によっては抵抗がある

デメリットの3つ目は、“人によっては抵抗がある”です。

綺麗好きだと、部屋ですることに抵抗があることもあるでしょう。

その場合は、無理にする必要はありません。

また、家族がいる場合、いい顔されないこともあるかもしれません。

状況に合わせて、一番良い場所を探したいですね。

3.ベランダ

3つ目は、“ベランダ”です。

ベランダでするメリットは

埃や汚れを気にしなくてOK

適度に広ければ快適な空間になる

一方で、デメリットは

天候が悪いとできない

ベランダがないもしくは狭いとできない

準備する必要がある

です。

・天候が悪いとできない

デメリットの1つ目は、“天候が悪いとできない”です。

雨や雪、風が強い日はできなくなってしまいます。

ここは致命的なデメリットです。

・ベランダがないもしくは狭いとできない

デメリットの2つ目は、“ベランダがないもしくは狭いとできない”です。

ベランダがないアパートやかなり狭い家もありますよね。

上記2つのどちらかで磨くことになるでしょう。

・準備する必要がある

デメリットの2つ目は、“準備する必要がある”です。

これは、玄関の時と同じ理由ですので割愛。


おすすめは部屋でスタンディング

私のおすすめは

部屋でスタンディングして磨く

です。

ここで、準備するものは

ある程度高さがあり、靴と道具をおけるテーブルもしくは台

です。

スタンディングする理由は

集中できる

楽な姿勢でいられる

からです。

さらに、部屋の中を適温にして音楽や映画を鑑賞しながら

磨けばリラックスしながらもできます

かなりおすすめです。

場所を見つけよう

正直、特に決まった場所はありません。

ですが、上記でも述べたように

自分がリラックスできて、靴磨きを続けられる空間を

見つけるのが大事だと思います。

最近なら、YoutubeやNetflixみながらするのもアリですよね。

工夫してみてはいかがでしょう。


最後に

靴磨きする場所について解説しました。

参考になったでしょうか。

自分が続けられる場所を見つけ、やってみてはいかがでしょうか。