サラリーマンにおすすめの靴をステマなしで紹介する

SalaryMan

サラリーマンの方で

これから靴を買う予定

できればコスパの良い靴が欲しい

さらに買って損がない

と思っている方におすすめするのが

REGAL(リーガル)の靴です。

後述しますが、リーズナブルの割に機能性も良く

見た目がスマートであり、日本人の足に馴染みやすいのが特徴です。

この記事では、サラリーマンの方向け

おすすめの靴であるリーガルをステマなしで紹介しています

私も愛用しており、非常に信頼している靴なので

これから靴を買おうと思っている方は

候補の1つとして考えていただければと思います。

では、みていきましょう。

サラリーマンにおすすめの靴をステマなしで紹介する

おすすめする理由を以下のポイントに沿って紹介します。

履き心地

丈夫さ

見た目

重さ

価格

1つずつ紹介します。

・履き心地

1つ目は、“履き心地”です。

上述のとおり、日本人の足に合わせて作られており

足の形によほど特徴がなければ、問題なく履けます。

履き始めこそ硬く感じますが、徐々に革が足に馴染んでくるので

サイズを間違えなければ、かなりフィットします。

また、基本的に靴紐でフィット感を微調整できるので

履き心地で心配することはほとんどないです。

・丈夫さ

2つ目は、“丈夫さ”です。

リーガルの靴は、グッドイヤーウェルテッド製法と呼ばれる

非常に堅牢な構造をしています。

そのため、丈夫です。

少し乱暴に扱っても、簡単には壊れません。(乱暴にはしないでください笑)

また、10年や20年も履くことが可能なので

コスパが良いとも言えます。

・見た目

3つ目は、“見た目”です。

ここで言う見た目は、靴の形で

リーガルには一通り揃っています

例えば、以下とか。

ストレートチップ(下の写真)

ウィングチップ

プレーン

どれもサラリーマンが履いていてしっくりきます。

また、靴の形状は非常に美しく

履いてるだけでおしゃれにも見えます。

リーガル

・重さ

4つ目は、“重さ”です。

あまり革靴を履かない方でも

リーガルは軽くもなく重くもないといった感じです。

上述のとおり、造りのせいもあって軽くはないですが

歩行に支障が出ることはありません。

営業職の方でも無理なく履くことができます。

・価格

5つ目は、“価格”です。

ここが気になる方が多いでしょう。

定価だと、¥20,000~30,000と思って良いです。

少し高いよ

と思うかもですが、上記の理由から考えると

コスパに優れており、国産メーカーでこの価格は破格です。

下手に安い靴を買うよりは、リーガルをおすすめしますよ。

今なら、送料・返送料が無料です!

短期間で捨てるのはもったいないです


靴を短期間で買い換えているとしたら

この機会に改めてみると良いです。

理由は、不経済だからです。

おそらく、この記事を読まれている方は

靴を買おうかと思っていますよね。

例えば、適当に¥10,000くらいの靴を買うとします。

これが半年でダメになるとすると、1年で¥20,000の出費です。

一方で、リーガルの靴を¥20,000で買うとして

これは10年くらい持ちます。

もうご理解いただけたかと思いますが

安い靴は不経済なので、最初は少し高いと感じますが

長い目で得な方を選んでおいてはいかがでしょうか。

サイズはきっちり確かめよう


もう一つ重要なポイントは、サイズです。

革靴をあまり履かない方で、普段はスニーカーの場合に

同じサイズ感覚で選ぶと、失敗します

リーガルの靴は、スニーカーのサイズより

約1~1.5 cmほど小さくなります

例えば、スニーカーで27 cmの方が

リーガルで27 cmを履くと、ブカブカで歩きにくくなってしまいます

なので、店舗で試着することを推奨します。

しかし、

近くに店がない

忙しくて行けない

という場合は、ネットで頼むことになると思うので

友人や知人の靴でサイズを確認する

サイズが小さくなることを考慮して選ぶ

をしてみてはどうでしょうか。

リーガルシューズのサイズは

23.5~27.0 cmですので

間違わないようご注意ください。

せっかくなので長く履こう


もしここまでで、買おうと思っていただけたら

ぜひ、磨いて欲しいと思います。

磨くメリットは、長持ちするからです。

リーガルは非常に丈夫な造りですが

No 手入れではいつか壊れます。

最初は少しずつ、徐々に本格的に磨いてみるのがおすすめです。

最後に


サラリーマンにおすすめの靴について紹介しました。

参考になったでしょうか。

リーガルは本当におすすめです。

ぜひ履いて確かめてみてはどうでしょうか。