無印にある靴磨きアイテム【詳しく解説】

無印の靴磨きアイテムを使おうと悩んでいませんか。

無印にはないのか

使える道具はあるのか

おすすめはあるのか

と疑問を持たれているかと思います。

この記事では、道具を揃えたい初心者向け

無印の靴磨きアイテムを紹介しています

結論から述べると、種類は多くありませんが

値段も高くなく、使える道具があります

外出のついでにふらっと寄れるのがいいですよね。

では、みていきましょう。


目次


  • 【1】靴磨きで使える無印のアイテム
  • 【2】おすすめの道具は3つ
  • 【3】最後に


靴磨きで使える無印のアイテム


無印にある道具は以下のとおりです。

おすすめ順に紹介していきます。

シューツリー

豚毛ブラシ

クロス

靴ベラ

靴磨きシート

防水スプレー

1つずつ解説していきます。

・シューツリー

1つ目は、“シューツリー”です。

靴の保管に便利なアイテムで、履かない時は靴に入れておきます。

効果としては

形崩れを防ぐ

吸水する

です。

一番おすすめであり、理由は

サイズ別に選べる

靴専門店より値段が安い

機能も良い

からです。

サイズは

23〜25cm

25〜28cm

があるので、大体の靴に合います。(バネで伸縮するつくりです)

また、値段は¥2,000〜3,000なので

靴専門店よりも半額以下です。

そして、しっかりシューツリーの役割を果たすので

機能的にも十分です。

シューツリーが必要になったら買っておいても損がないです。

シューツリー


・豚毛ブラシ

2つ目は、“豚毛ブラシ”です。

クリームの塗布や塗り込みに使います。

写真のとおりの大きさであり、手に収まります。

おすすめの理由は

色の使い分けができる

値段が安い

です。

黒や茶、他の色の靴があると

クリームごとにブラシを分けておきたいです。

値段が安く、機能として申し分ないのでおすすめです。

初めて磨く場合も、靴屋で買わずに無印のブラシでも問題ないです。


・クロス

3つ目は、“クロス”です。

用途は広く

汚れ落としに使う

乾拭きに使う

鏡面磨きに使う

などがあります。

おすすめの理由は

3枚入っている

値段が安い

綿100%製である

からです。

初心者で磨くのであれば、最初から3枚あるのは嬉しいですね。

クリーナー用

乾拭き用

鏡面磨き用

として使えます。

ブラシ同様、先にこちらを買ってもOKです。

クロス


・靴ベラ

4つ目は、“靴ベラ”です。

外出時に1つあると、とても便利ですね。

下の写真は小さめですが、やや長めの靴ベラもあるようです。
(行った店舗にはなかった・・・)

ただ、あまりおすすめ度は高くなく、その理由は

100均に似たようなのがあるからです。

この靴ベラは、¥500近くするので

正直おすすめできません。

無印ファンでなければ、他のでもいいでしょう。

靴ベラ


・靴磨きシート

5つ目は、“靴磨きシート”です。

ちょっと汚れを落とすのに使えます。

2020年1月26日時点では、パッケージが写真と異なります。(参考URL

実際に使ってみたところ

綺麗にはなるが、靴磨きしている漢字はないです。

詳細は使い捨シートで靴磨き【気になる人向け】で紹介しているので

気になる方はチェックしてみてはどうでしょうか。

靴磨きシート


・防水スプレー

最後は、“防水スプレー”です。

値段は、¥780(税抜)です。

革靴には使う場面はありませんが

あったので紹介しておきます。


おすすめの道具は3つ


上述のとおりおすすめは

シューツリー

ブラシ

クロス

です。

とりあえず、上記を買っておくのはアリですね。

ただ、クリーナーやクリームは別に準備する必要があるので

靴専門店で手に入れましょう。

道具については、靴磨きの道具【詳しく解説】の記事が参考になります。


最後に


靴磨きで無印のアイテムは使えるのかについて紹介しました。

参考になったでしょうか。

上手く利用して、靴磨きを楽しみましょう!


関連記事


靴磨き まとめ【初心者向けに網羅してます】