靴磨きで使う布を詳しく解説【初心者向け】

Shoes Polish

靴磨きではクリーナーを使うときなどに布(クロス)を使います。

ですが、始めて間もない初心者の方だと

特別な布じゃないといけないのか

何枚も必要なのか

おすすめはあるのか

と疑問が多くあると思います。

この記事では、私が靴磨きで使ってきた布を参考にしつつ

初心者の方向けにおすすめを紹介します

結論から述べると、綿製で数枚あると便利です。

1枚だとちょっと不安なので数枚あると良いですね。

では、紹介していきます。

靴磨きで使う布を詳しく解説

1.ネル布

1つ目は、ネル布です。

綿ネルと呼ばれたりもします。

クリーナーの塗布、鏡面磨きどの場面でも使えます。

複数枚セットで販売されていることがありますが

2〜3枚は使うことが多いので

あまり気にしなくて大丈夫です。

ネル布

2.REGAL お手入れ用クロス

2つ目は、REGAL お手入れ用クロスです。

綿製で、クリーナーの塗布やクリームの拭き取りに使えます。

私が靴磨きを始めたときはこれを2枚使っていました。

鏡面磨きには少し使い辛かった印象です。

というのも毛羽たちやすいからです。

とはいえ、初心者の方におすすめできるアイテムです。

値段は、¥300(税抜き)です。

3.M.モゥブレィ ポリッシングコットン

3つ目は、M.モゥブレィ ポリッシングコットンです。

主に鏡面磨きで用います。

書籍でも紹介されており、ソフトな仕上がりになっています。

値段がやや高く、¥600ほどですが

鏡面磨きに挑戦しようという方であれば

検討してみてもいいと思います。

靴下とかでもOK


ここまで布やクロスを紹介しましたが

実は柔らかい素材で、靴が痛まなければOKです。

例えば

・使わなくなった靴下

・タオル

・Yシャツ

などでも代用できます。

私は始めた当初、学生時代に履いていた

野球ソックスを使っていました。

生地が柔らかく吸水性があり、使いやすかったです。

はじめは使わない布から始めて全然OKですよ。

数枚あると安心です


最初にも述べましたが、数枚あると靴磨きしやすいです。

主な出番としては以下のとおりです。

クリーナー塗布用

クリーム拭き取り用

鏡面磨き用

はじめは鏡面磨きまでしなくても大丈夫なので

最低2枚あればOKです。

上述の代用品で揃えるのもアリですね。

靴磨きで使う布の巻き方

1.布をカットする

靴磨きで使う布の寸法は

幅:7~8 cm

長さ:30~50 cm

です。

お好みでサイズは上下してもOKですが

短すぎると布が緩んでしまいますし、長すぎると余った布が邪魔になります。

ちょうどいいところを見つけておきましょう。

市販の布は、サイズがまちまちなのでカットしていきます。

今回は、幅:7 cm × 長さ:30 cmです。

布をカット


カットした布です。

綺麗に切らなくてもOKです。

カット後

2.指に掛ける

巻いていきます。

はじめに、人差し指と中指に布を掛けます。

この時、写真のように後ろ側に布を少し残します。

4 cmもあればOKです。

指に掛ける

3.挟んで1周ねじる

先ほど指に掛けた布を指に挟むように持ちます。

そして、挟んだ状態で時計回りにねじります。

写真のようになっていればOKです。

布をねじる

4.正面に戻る

1周させて正面に戻ります。

この時点で余ってる布を引っ張っても解けないと思います。

もしここで緩いようであれば、やり直した方がいいかもです。

ねじり方が甘かった可能性があります。

正面に戻る

5.余った布を一周させる

余った布をそのままもう一周させます。

すると、写真のようになると思います。

しっかり固定できたのではないでしょうか。

一周巻く

6.完成

余った布は掌で握ります。

これで完成です。

クリーナーの塗布、ワックス磨きでお使いください。

完成

なんとなく巻くでもOK


ここまで布の巻き方について解説しました。

とは言え、なんとなく巻いて磨いてもOKです。

なぜかと言うと、それでも磨けるからです。

私が靴磨きを始めた頃は、手に固定するように持っていただけでした。

ですが、上記の巻き方だと解けることが珍しいので

これから始める方であれば、ぜひ覚えておくと便利です。

最後に

靴磨きの布について、初心者の方向けに紹介しました。

参考になったでしょうか。

まずは、柔らかめの布を準備してみましょう。

関連記事

靴磨き まとめ【初心者向けに網羅してます】