サラリーマンの靴はカジュアルでもいい?使い分けを知っておこう

サラリーマンの方で、どんな靴にすればいいか悩んでいませんか。

これから靴を買い替えようかと思っているけれど

カジュアルな靴でもいいのか

選んではいけない靴はあるのか

おすすめはあるのか

といった疑問が出てくるのでは。

この記事では、サラリーマンの方向けに

靴の使い分けについて解説しています。

結論から述べると

カジュアルな靴でもOK

です。

では、みていきましょう。


目次


  • 【1】サラリーマンの靴はカジュアルでもいい?
  • 【2】靴の分類
  • 【3】靴選びが大事になる
  • 【4】最後に


サラリーマンの靴はカジュアルでもいい?


結論から述べると

カジュアルな靴でもOKです。

ただし、全体のバランスを整えることが前提です。

紳士靴は、TPOに応じて選び

それに合わせて服装を選んでいきます。

ちぐはぐな組み合わせだと、なんだか見ていて

微妙な気持ちになりますよね。

この機会に正しく理解しておきましょう。

では、カジュアルとフォーマルの靴の形状を確認していきます。


靴の分類


ここでは、代表的な種類をピックアップして解説します。

まず、カジュアルな靴は

Uチップ

モンクストラップ

です。

これらは元々、カジュアルスタイルで履かれてきました。

そのため、畏まった場にはあまりふさわしくありません。

普段、会社で仕事をするだけならOKですが

客先への訪問には向かないでしょう。

また、ダークスーツと合わせるよりも

明るめのジャケットに合わせた方がバランスが整います。


続いて、フォーマルな靴ですが

ストレートチップ

Vフロント

があります。

ストレートチップは、内羽根であればどの場面でも対応できます。

ダークスーツに白Yシャツでバシッと決まるでしょう。

外羽根でも問題ないですが、内羽根の方がよりフォーマルです。

Vフロントは爪先の装飾がないプレーントゥで

黒であれば問題なく履けます。

内羽根よりも履きやすいため、こちらを選んでもいいでしょう。


また、どちらでも履ける種類として

フルブローグ

があります。

ウィングチップという名称の方が馴染みがあるかもしれません。

服装を選ばずに履ける点で、一足あると便利です。

ただ、カジュアル度が比較的高めです。

頭の片隅に置いておきましょう。


靴選びが大事になる


ここまでで、使い分けが大事であることがわかったと思います。

なので、できれば好きなデザインで選ばずに

汎用性の高い種類の靴を揃えておく

色々な場面で活躍させることができます。

上記の例だと、フルブローグならどの場面でも履きやすいですね。

仕事の環境を踏まえて選ぶのもアリだと思います。

ぜひ、検討してみてはどうでしょうか。


最後に


サラリーマンの靴はカジュアルでもいいかについて解説しました。

いかがだったでしょうか。

私の周りでは、Uチップやモンクストラップを履いている人をよく見かけます。

もし、カジュアルシューズだと知らずに履いている人がもっといたら

勿体無いなと思い、記事にしました。

参考になったのであれば、非常に嬉しい限りです。


関連記事


サラリーマンにおすすめの靴をステマなしで紹介する


参考


著者:上田哲司 「紳士靴完全バイブル」