使い捨シートで靴磨き【気になる人向け】

サッと一拭きするだけで靴が綺麗になったらいい

と考えたことはないでしょうか。

ご存知の方、見たことがある方も多いと思いますが

靴磨きアイテムの中には、使い捨の靴磨きシートがあります。

それを使えば解決!といきたいところですが

気にはなっている

実際に使ったことはない

本当に綺麗になるのか

と不安があるでしょう。

この記事では、使い捨の靴磨きシートを試してみた結果を紹介しています

結論から述べると、綺麗になります

加えて安く購入できるので、おすすめです。

ただ、クリームを使ったような艶は出ないので

イメージと違った!

とならないようお気をつけください。

では、みていきましょう。


目次

  • 【1】使い捨シートを使って靴磨き
  • 【2】成分的にどうなの?
  • 【3】最後に


使い捨シートを使って靴磨き

下の写真は、靴磨きシートです。

無印で売ってます。

値段も記載の通りです。

100円ショップにも類似のアイテムがありました。

性能が気になります。


製品名上の説明文には

汚れ落としやツヤ出しができ

とあります。

実際にやってみましょう。


1枚取り出しました。

見た目と触感は、ウェットティッシュと変わりません。

靴全体を拭いていきます。


多少汚れが落ちました。

もともとあまり汚れていなかったので

目に見えるほどではありませんが、 汚れを落とせるようです。


そしてですが

あまり効果があったようには感じられませんでした。

下の写真が手入れ後になります。

冒頭の手入れ前の写真と比べても差はほとんど見られません。


成分的にどうなの?

ここまでで、靴磨きシートの性能は

汚れを落とせる

艶は出にくい

ことがわかりました。

しかし、基本の手入れで用いるクリームと同等の能力があるのでしょうか。

そこで、それそれの成分を比較しました。

下の写真が成分一覧です。

右:靴磨きシート 左:クリーム


写真からわかることは

一致する成分が一つもないことです。

うーん・・・

クリームは普段から愛用しており、

艶が出ることを経験的に知っています。

一方、靴磨きシートには

カルナバワックスという成分が入っています。

調べるとカルナバヤシの葉から採取されるそうで

艶出し効果があるそうです。

また、界面活性剤は石鹸などに使われており

界面の性質を変化させることで異種物質を混合させ

汚れを落とすことができます。

クリームと同等の艶は出ないものの

成分としては十分に効果を発揮するようです。


最後に

使い捨の靴磨きシートを試してみましたが、いかがだったでしょうか。

汚れを落とす面では、十分な性能です。

サッと済ませておく用としては、とても便利なアイテムでした。