モルトン病の原因は?【詳しく解説】


モルトン病の原因は?


聞き慣れない病名かと思いますが、モルトン病(モートン)をご存知でしょうか。

足の中指薬指の間の付け根に激痛が走る症状です。

主に体重を掛けたときに起こります。

それだけでなく、人差し指と中指間でも痛む場合があるそうです。

これが重症化すると、体重を掛けていない間も痛みを伴い、

寝ることが困難な程です。

足の病気は、徐々に進行するので

初期は問題なく歩行できるし、痛みもありません。

しかし、上述のとおり、進行してしまうと

日常生活に多大な影響を及ぼすことから

対策が重要になるでしょう。


原因


足の病気よろしく、原因は足に合わない靴にあります。

爪先に負荷がかかり過ぎてしまった結果、開帳足になり、

緩んだ靭帯が足裏の神経を圧迫し、神経が腫れてしまいます。

また、神経鞘腫となる場合もありますが、

増えたり移動したりすることはありません。

ここで注目しておきたいのは、まず開帳足を発症していることです。

なので、モルトン病に進行するまでに気づける可能性があります。

では、どのように対策を取ればいいでしょうか。


対策


まだ、発症していない場合は足に合う靴を探しましょう

爪先に負荷がかかるということは、靴が狭過ぎ or 広過ぎかのどっちかです。

全体的に少しきつめだけど、爪先には余裕がある靴を選ぶと

外れを引く可能性が低くなります。

一方、既に発症している場合は、原因となった靴を履くのをやめて

専門医を訪ねるのが無難です。

手術により神経鞘腫を取り除くこともできるため、

早めに判断することが重要になります。


現代靴は細い?


モルトン病を防ぐためには、靴選びは重要です。

しかし、どうせ選ぶなら

できればデザイン性の高い靴にしたいと思うでしょう。

ユーザ目線では、マイルドな形状よりか爪先の形状がシャープな靴の方が

見た目がいいと感じるでしょう。

私もどちらがいいかと聞かれれば、後者を選びます。

実際にシューズメーカーを訪れても、シャープな見た目のいい靴が多いです。

このことから、なんとなく見た目だけで選ぶと

足に合わない可能性が高いと言えます。

皆さんはそうならないよう、デザインも見るけれど

足に合うかどうかを優先して選んでみてはいかがでしょうか。


最後に


モルトン病について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ある日突然、激痛に襲われた!

なんてことにならないために、

まずは靴選びから始めてみてはどうでしょうか。


参考


・著者:飯野高広 「紳士靴を嗜む」

・著者:坂口顕 「理学療法士のための足と靴のみかた」

ハンマートゥの原因は?【詳しく解説】


目次


  • 【1】ハンマートゥの原因は?
  • 【2】原因
  • 【3】対策
  • 【4】最後に


ハンマートゥの原因は?


皆さんの親指以外の足指はどうなっているでしょうか。

もし、変形している場合、ハンマートゥの可能性があります。

ハンマートゥは、靴を履いていない状態で

親指以外の足指がくの字形に変形してしまう症状です。

併せて、変形してしまった関節部にタコウオノメが出来やすくなります。

さらには、関節が硬化してしまうと激痛を伴い

最終的に要手術となる場合もあるそうです。

足や指は、目につき辛いこともあって

大きく変形するまで気付かないことが多いと思います。

1日のうち、いつでもいいので

一度は足を観る習慣を持っておくといいでしょう。


原因


原因は3つあります。

これらが重なると指が曲がってしまいます。

足幅に対して靴幅が広い

踵に合わせて靴を履いていない

靴紐を結んでいない

では、どうして上記の原因で指が曲がるでしょうか。

それは、指が前に動くからです。

つまり、足が靴に固定されていない状態です。

指に鉛直下方向にかかっている力は

歩く度に のようになります。

それが繰り返し行われるので、指はその形状に変化していきます。

また、靴幅が狭い場合も原因の一つであり

履いた時点で指が屈曲してしまいます。

凄まじく成長する子どもは、靴のサイズが小さくなりがちになるので

定期的にサイズを測り、靴を新調するべきでしょう。


対策


原因に対する対策はそれぞれ以下のとおりです。

足幅に対して靴幅が広い ⇔ 原因となった靴を履かない

踵に合わせて靴を履いていない ⇔ 踵に合わせて履く習慣をつける

靴紐を結んでいない ⇔ 靴紐でフィット感を調整する

1つ目ですが、合っていない靴を履くのはこれで最後にしましょう。

お気に入りの靴や高価な靴であっても

残念ながら足にはでしかありません。

足の不調はそのままあなたに返ってくることにもなります。

捨ててもいいという決断ができる方は、すぐに捨てましょう。

もし、捨てられない方は、

手入れをしてインテリアとして飾って置くのがアリかと思います。

靴もきっと喜ぶことでしょう。

2、3つ目は習慣の話です。

どちらも靴を履く基本的な動作です。

立ったまま履くよりも玄関に座ってやることをおすすめします。

初めは慣れずに時間がかかるかもしれませんが

習慣になれば迅速にできることです。

次の外出から始めてみてはどうでしょうか。


最後に


ハンマートゥという足の症状について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

足の痛みや違和感を感じたら、足を観てみましょう。

それだけで早期発見に繋がり、すぐに治すことができるかもしれません。

また、靴が足に合っていなければ、今日から履くのを控えましょう。

百害あって一利なしです。


参考


・著者:飯野高広 「紳士靴を嗜む」

・著者:今倉章 「靴が人を不健康にする」

開帳足とは何か?【詳しく解説】


目次


  • 【1】開開帳足とは何か?
  • 【2】原因は靴幅にあった
  • 【3】足を労ろう
  • 【4】最後に


開開帳足とは何か?


皆さんは開帳足(開張足)をご存知でしょうか。

かいちょうそく”と読みます。

足指の横のアーチを支える靭帯や足底筋が緩み

もみじの葉のように足がべたっと開いてしまっている状態です。

いい歳になれば、成長は止まるのに

・以前より足が大きくなった

・履いている靴がきつい

と感じている場合は、開帳足の可能性があります。

主な症状として

・躓き易くなる

・足の裏が痛くなる

・足裏にタコやウオノメができる

などがあります。

日常生活が困難になるほどの症状ではありませんが、

異なる症状の併発の原因となります。

足の病気で怖いのはこれですね。

この開帳足は、筋肉の衰え始める年代でなく若い世代にも増えています。

原因は一体なんでしょうか。


原因は靴幅にあった


原因は以下のとおりです。

足と靴幅が合っていない → 足の筋肉が衰える

実は、

靴幅は広すぎてもきつ過ぎても問題です。

どちらにしても足の指を動かすことができず

周辺の筋肉が弱まってきます。

そのため、若い世代でも靴幅が合わない靴を履き続けると

開帳足を発症してしまうのです。

また、40、50代は特に注意が必要です。

若い頃は運動・筋肉量がありましたが

加齢 + 筋肉量の低下により

徐々に足は不幸な方向へ進んでいるかもしれません。

「気がついたら」では遅いので、日頃から運動する習慣が大事になります。

おすすめは、ウォーキングです。


足を労ろう


とは言え

『私の足はまだまだ大丈夫』

『好きな靴を履いていたい』

『健康に気を遣いすぎたくない』

という声もあるでしょう。

そこまで気をつけることではないかもしれません。

ですが、このまま続ければ他の病気同様に

着実に悪化していきます

人間の体をしっかり支えられるのは二本足のおかげです。

なかなか壊れにくい構造を持っています。

この機会に少し労ってみてはどうでしょうか。


最後に


開帳足の原因について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

1番の予防は、足に合った靴を履いて運動することです。

ちょっと当てはまるという方は、今日から実践してみて欲しいですね。

足を大事にしていきましょう。


参考


・著者:塩之谷香 「足のトラブルは靴で治そう」

・著者:飯野高広 「紳士靴を嗜む」

ハイアーチは足の病気?【詳しく解説】


目次


  • 【1】ハイアーチは足の病気?
  • 【2】放っておいていいのか
  • 【3】痛み出しがシグナル
  • 【4】最後に


ハイアーチは足の病気?


ハイアーチは、第一のアーチを支える筋肉や靭帯が縮み

土踏まずが高過ぎる症状です。

ハイアーチ障害とも呼ばれ、遺伝の場合が多いそうです。

通常の足に比べ、接地する面積が小さくなるため

足への負荷が大きくなるだけでなく

や足の指のつけ根が痛む場合もあります。

特に、踵は強い痛みを伴わなないものの

長時間歩き続けると痛みが出てきます。

足の裏は、骨と皮膚の間に厚い脂肪がついており

脂肪組織は高い強度を持つ構造です。

もし、歩いていて踵が痛むようであれば

この構造が弱ってきていると考えた方が良さそうです。


放っておいていいのか


以前、私の右足はややハイアーチ気味であると

オーダーシューズ作成時に言われました。

確かに、両足の裏を付けて土踏まずの深さを観察すると

右足の方がアーチが高いです。(左足のアーチが落ちている可能性もありますが)

とはいえ、痛いという感覚はありません。

ただ、左足と大きさが違うなと感じることはあります。

靴に対して右足だけ小さいことが多いです。

これは、アーチが上がっているせいで

足長が縮んでいるのでしょう。

逆に、靴がきついと感じる場合は

足が扁平足気味になっているかもしれません。

現状では問題ありませんが

症状が進行して左右の足長差が広がってしまうと

靴の購入時に面倒なことになりそうです。


痛み出しがシグナル


足のアーチは、ゆっくり時間をかけて崩れていきます。

単純な老化もありますが

足腰に不調を訴える高齢者が多いのはそのためです。

ですが、アーチは堅牢なつくりを持っているので

すぐに崩れたりはしません。

そのため、痛みを感じた場合は

すでにアーチが崩れている可能性があるので

医療機関を訪れましょう。


最後に


ハイアーチ障害について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

アーチの崩壊を予防するには2つの点に気をつけましょう。

1つは、足を日頃から観察することです。

足をみる習慣がある方は多くいらっしゃらないと思いますが

異変に気づけるのは自分だけです。

一日の最後にマッサージやストレッチしながら

観察してみるのはどうでしょうか。

もう1つは、歩くことだと思います。

もしくは適度な運動です。

足の筋肉を適度に使い、正常なアーチを保ちましょう。


参考


著者:今井一彰 「足指のばし」

著者:塩之谷香 「足のトラブルは靴で治そう」

足が扁平足になっていない?【詳しく解説】


目次


  • 【1】足が扁平足になっていない?
  • 【2】原因は?
  • 【3】予防するには
  • 【4】最後に


足が扁平足になっていない?


扁平足は、縦のアーチ構造を支える筋肉・靭帯が緩み、

土踏まずが地面にべたっとついている状態です。

このアーチの崩れにより、足全体に体重がかかり

足が疲れやすくなります。

さらに、それを分散させようと大腿部や下腿部に負荷をかけ、

腰にも負担になります。

最近、立っているのが辛くなったりしていませんか。

もしかしたら扁平足の可能性があります。

足を確認してみましょう。

また、立っているときにどちらかの足に重心を寄せていないでしょうか。

私は無意識に右足に寄せることが多いです。

左足のアーチが弱ってきているのかもしれません。

注意が必要です。


原因は?


運動不足や加齢、外反母趾との併発など

後天的な原因だとされています。

疲労による急性の症状もあるみたいです。

先ほど、扁平足は土踏まずがべたっとついた状態であると述べました。

土踏まずを支える筋肉には

・母趾内転筋

・母趾外転筋

があります。

なので、上述の運動不足、加齢により筋肉が弱まり

アーチが崩れてしまうのではないかと考えられます。


予防するには


1度アーチが崩れてしまうと、元に戻すのは大変です。

また、扁平足だけでなく、他の足の病気を併発し

体全体に悪影響を及ぼします。

そのため、予防は非常に重要です。

原因から予防法を考えると、答えはとてもシンプルです。

運動をすることです。

ランニング、ウォーキングなんでもOKです。

おすすめはウォーキング。

歩くことで脳内が活性化し、健康にも非常に良い効果があります。


最後に


扁平足について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

扁平足になったとしても、痛みや違和感を覚えず

気づかない場合もあります。

ですが、足の変形は少しずつ起きています。

定期的に足を観ることをおすすめします。


参考


・著者:塩之谷香 「足のトラブルは靴で治そう」

・著者:飯野高広 「紳士靴を嗜む」

・著者:荒川裕志 「筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト辞典」